25日、ロジャー・フェデラー(スイス)がアメリカの朝のテレビ番組「TODAY」に出演。フェデラーは最初カメラマンに扮しており、彼のファンである司会のサバンナ・ガスリーを「オーマイガー!」と驚かせる演出で登場してみせた。

フェデラーは南米でのエキシビションマッチツアーを終えた翌日に、「TODAY」に出演。別の司会者が「今朝はスペシャルゲストが来てくれているんだ」と話すと、ガスリーは周りをキョロキョロ。No.1カメラでフェデラーがまさかのカメラマンに扮してスタジオを撮影していた。

このサプライズ演出にはガスリーも大喜び。「オーマイガー!」と声を漏らしていた。

フェデラーとガスリーは2018年に、エキシビションマッチ「マッチ・フォー・アフリカ」でのダブルスでも共演。その際もフェデラーはファンでもあるガスリーに「君はボールを見ようとしないといけない。僕を見るのをやめてね」と冗談を飛ばしていた。

その後のインタビューでは、フェデラーがスイス発のパフォーマンスブランド「On」にシニアチームメンバーとして参加することになったことが話題に。

実業家としての側面ももつ役割であることから、引退説についても及んだが、フェデラーは「この1週間ずっと聞かれたよ。いつ引退してしまうの?って。みんな知りたいだけだろうけどね。でもこれは引退に関係したことではないよ」と語った。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「UNIQLO LifeWear Day Tokyo」でのフェデラー

(Photo by Jun Sato/WireImage)