<写真・今試合2本のTDを決めた三宅>

試合後のコメント

鳥内秀晃監督「前半からTDは取れたけど、後半はラインのあかんとこが目立った。ランはみんな良かったから、ラインがもっと頑張ってくれな。だいぶ研究されとったから、もっと対策を練らなあかん。(タイトな試合スケジュールで)みんな疲れている。でもそんなこと言うてられへん。最後は気持ち。やってきたことをやるだけ。頑張ります」

#52DL寺岡芳樹主将(経4)「結果的に勝てて良かった。関学の弱点を突くプレーをしてくる神大と試合ができて、いい勉強になったと思う。立命大に負けて過密日程にはなったが、捨て身で向かってくる相手と2試合できたことは大きな経験になった。あとは立命大だけを意識してやり尽くすだけ。失うものは何もないので、悔いなくプレーしたい」

#79OL村田健太副将(社4)「OLとしてようやくやりたいことができるようになってきた。だが、後半はショートヤードを取り切れず、しんどいときの気持ちの甘さを感じている。前回の立命大戦は、自分たちのできていないところを詰め切れずにあのような結果になった。足りないところを詰めて、試合では攻め続けたい」

#51DL大竹泰生副将(商4)「きょう勝って、立命大と対戦できることは良かった。前回2点差だった相手に点差をつけることはできたが、オフェンスのおかげ。ディフェンスはTDを1本決められ、流れを持っていかれた。詰めが甘いと感じた。立命大に負けてから、変われてはいないが意識を変えていこうとしている。今回は負けたら引退という意識が前回と違った。勝てるディフェンス、完封できるディフェンスをつくってこのグラウンドに帰ってきたい」

#81WR阿部拓朗副将(社4)「立命大戦前に少しでも成長を見せなければいけないという思いがあった。オフェンスは、まずファーストシリーズを取ることを目標に臨み、TDにつなげることができた。しかし、相手が立命大なら通らないプレーもあったと思う。神大の弱点を分析し臨んだが、それを潰し切れたわけではない。自分たちの目標である「学生圧倒」を体現できるのは、次戦だと思う。とりあえず勝つことを考え、準備し切ってリベンジしたい」

#45DB畑中皓貴副将(経4)「試合展開はオフェンスが点を取ってくれたので、ディフェンスはやりやすかった。でも、DBが相手にロングドライブを許してしまい、負けにつながる怖さもあった。ディフェンスの課題はしんどいときに雰囲気が落ちること。しんどい場面でも次にどうするのかを考えないといけない。次戦の立命大戦では、戦術よりもチャレンジャーとしての気持ちが大事になる。この1週間は、立命大を倒すことだけを考えてやっていきたい」

今試合2TDを決めた#21RB三宅昂輝(経3)「ファーストシリーズでTDまで持っていけたことは良かった。ただ、まだショートヤードを取り切れていないところがある。自分がしっかり更新できるようにしていきたい。前回の立命大戦は、ランが全く通らなかった。オフェンスラインナップとしてもっとランを出して、リベンジしたい」

今試合パス成功率9割を記録した#3QB奥野耕世(商3)「相手がスカウティングしてきたディフェンスで来たので、きょうは決めるべきパスをしっかり決められた。スクランブルでも、大事な場面でロングゲインできた。だが、まだ取り切れていない第3ダウンもある。次は無理投げをせずにテンポ良く、第3ダウンも取り切ってドライブしたい。気持ちで負けないように向かっていく」