写真:張本智和/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~24日>

23日、T2ダイヤモンドシンガポールは大会3日目。男子シングルス準々決勝、張本智和(木下グループ)対丹羽孝希(スヴェンソン)の日本代表対決は、張本が4-2で勝利し、24日の準決勝進出を決めた。

丹羽が序盤ペース握るも張本が逆転




写真:丹羽孝希/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス準々決勝は注目の日本代表対決、張本智和と丹羽孝希との対戦が組まれた。過去の対戦は張本が2勝1敗でリード。直近は4月のアジアカップで、丹羽が4-2で勝利している。

時間制限のある、T2ダイヤモンド。試合はスピーディーに進む。第1ゲームは丹羽が11-6で先取した。

続く第2ゲーム序盤は張本が得意のバックハンドで揺さぶり、リードを奪う。一方の丹羽は得意のカットブロックを見せて得点を奪うなど、離されない。9-9となったこのゲームは、続く2本を丹羽がサーブから得点を重ねて得点。ゲームカウント2-0となる。

第3ゲーム、張本が息を吹き返す。積極的なフォアハンド攻撃でリードを奪い、ゲームポイントを握る。張本は10-8まで追い上げられタイムアウトを取ったが、次のポイントを奪い、ゲームカウントは2-1に。




写真:張本智和(写真奥)と丹羽孝希(写真手前)/撮影:ラリーズ編集部

波に乗った張本は、続く第4、第5ゲームを奪う。ゲームカウント3-2で張本がリード。試合は制限時間24分に達し、第6ゲームからFAST5(5点先取)に突入した。

第6ゲーム、互いにサーブで得点を奪うが、張本が4-3でマッチポイントを握る。次のポイント、丹羽の3球目攻撃がミスとなり、勝負あり。張本がゲームカウント4-2で、日本代表対決を制した。

張本は許昕との準決勝へ 丹羽はW杯にむけて気を引き締める




写真:試合後、健闘をたたえあう丹羽孝希(写真右)と張本智和/撮影:ラリーズ編集部

試合後、敗れた丹羽は「もともと出れなかった大会なので、1回戦勝てただけでラッキー」と振り返った。次週のW杯については、「五輪代表争いの上でも重要だが、代表争いに関しては既に吹っ切れている。代表争いに関係なくW杯は大きな大会なので、自己最高のベスト4、そして(日本男子過去最高の)3位を目指して頑張りたい。」と気を引き締めた。最近は調子が上向いていると語る丹羽。W杯での活躍に期待だ。

一方の張本は、「序盤2ゲームを奪われて今日は負けるかなと思ったが、サーブやコースを変えることで逆転できた。よく耐えた。会場の湿気が多く、チキータができなかったのが苦しかった」と振り返った。これで24日の準決勝に進出。相手は世界ランク2位、許昕(シュシン・中国)だ。「許昕は1度も勝ったことのない相手で、これまでとは格が違うが、自分を信じて頑張りたい」と意気込んだ。

詳細スコア

○張本智和 4-2 丹羽孝希
6-11/9-11/11-8/11-3/11-5/5-3

文:ラリーズ編集部