写真:許昕(中国)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~24日>

23日、T2ダイヤモンド2019シンガポール・男子シングルス準々決勝で、中国の許昕(シュシン・11月世界ランキング2位)と韓国の鄭栄植(チョンヨンシク・同21位)が対戦し、ゲームカウント4-1で許昕に軍配が上がった。

T2ダイヤモンド特別ルール

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取のFAST5へと移行する。

許昕、圧勝で準決勝進出




写真:許昕(中国)/撮影:ラリーズ編集部

中国式ペンホルダーで威力のあるフォアハンドを武器とする許昕と、シェイクハンドでバックハンドのラリーを武器とする鄭栄植。対照的な両者は過去8度対戦しているが、許昕は一度も負けておらず、鄭栄植に対して勝率100%という圧倒的な強さを誇っていた。

試合は序盤から、許昕がサーブと持ち前の攻撃力で鄭栄植を圧倒し、2ゲームを先取する。第3ゲームは鄭栄植がラリーで打ち勝ち、1ゲームを取り返すも、第4ゲームからは再び許昕の独壇場。サーブからの三球目攻撃や、鋭いバックハンドカウンターなどで鄭栄植を崩し、4-1で勝利を決めた。

見事勝利を収めた許昕は、24日に行われる準決勝で張本智和(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソン)の勝者と対戦する。

詳細スコア




写真:鄭栄植(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

〇許昕(中国)4-1 鄭栄植(韓国)
11-7/11-6/7-11/11-7/5-2

文:ラリーズ編集部