ITF J5 Chigasaki「Ai Sugiyama Cup」が11月17日〜24日の8日間に渡って、神奈川県茅ヶ崎市の柳島スポーツ公園で行われる。本大会は、18歳以下を対象にしたテニストーナメントで、ここをステップに世界へ羽ばたくジュニアのテニスプレイヤーを支援しようと、多くの企業がサポートしている。

グローブライド株式会社は、ITF J5 Chigasaki「Ai Sugiyama Cup」をサポートする企業の一つ。同社は、多くのスポーツブランドを展開しており、その中にはテニスブランドの「prince」が含まれる。杉山愛さんも現役時代から愛用しており、テニス愛好家なら一度は聞いたことがある歴史のあるブランドだ。同社のスポーツ営業本部でシニアマネージャーを務める森田弘樹氏に、本大会をサポートする理由などを聞いてみた。

Q. 「Ai Sugiyama Cup」をサポートする理由を教えてください。

杉山愛さんとの関わりの開始は、杉山愛さんが選手の頃から我々のブランドを使用していただいていたところからです。そして、彼女が引退してからはアドバイザリースタッフとしてイベントやクリニック、トークショーなどにご協力いただいています。そういった中で、(Ai Sugiyama Cupが開催される)柳島スポーツ公園がオープン前の段階から意見交換をしていて、その中に(柳島スポーツ公園で)国際大会とジュニアキャンプを開催するという構想がありました。それを踏まえて、この「Ai Sugiyama Cup」のサポートをしています。この大会の位置付けですが、このようなジュニアの国際大会は日本で6つ行われていました。そして、7個目がこの「Ai Sugiyama Cup」です。ジュニアの選手が、この大会を足がかりに世界へ羽ばたいてほしい、それを応援することが一番のサポート理由です。

Q.テニスの普及に向けてどんな活動をされていますか。

テニススクールのイベントやクリニックなどに我々のアドバイザリースタッフを派遣して低年齢から一般の方々にテニスの楽しさを教え、テニス人口を増やしたいと思っています。また、試打会などでラケットの選び方や機能をお客様に説明して、プレーの向上のお手伝いをさせていただいています。

Q.最後に、大会出場者へのメッセージをお願いします。

杉山愛さんも言っているように、(本大会は)あくまでも世界へのステップだと思います。ここで頑張るのはもちろんのこと、その先を目指して欲しいです。いつもの自分の中でできる最大限のパフォーマンスを発揮できれば、それが今の自分の実力だと思うのでそれを期待しています。そのためには、体調であったり道具の準備であったり様々なことがありますが、準備をしっかりして試合に挑んで欲しいです。

なお、スポーツブルでは、「ITF J5 Chigasaki Ai Sugiyama Cup」の模様を23日(男女ダブルス決勝・男女シングルス準決勝)と24日(テニスクリニック・男女シングルス決勝)にライブ配信する。

ライブ配信はこちら