10月31日、髙橋大輔(33歳、関大KFSC)は西日本選手権(滋賀県立アイスアリーナ)を欠場することを急遽、発表した。

「左足関節捻挫および左足関節外側靱帯損傷」

 30日の練習中に左足首をひねったという。1週間の絶対安静が必要。シングルスケーターとして最後の舞台になる12月の全日本選手権に向け、万全を期した格好だ。

 一番、苦い思いを感じているのは、髙橋本人だろう。



西日本選手権の欠場を発表した髙橋大輔

 シングルスケーターとしての終焉が近づくなか、自らを追い込んできた。ショートプログラムは激しいロックビートの「The Phoenix」をあえて選択し、当初は「後悔しています」と笑っていたものの、10月の「カーニバル・オン・アイス」では見違えるほどに完成度を高めていた。難しい演技に挑み、仕上がりは悪くなかった。

 それだけに、大会直前での欠場は無念だろう。

 しかし、髙橋はこれまでも苦難を乗り越えることで、男子フィギュアスケートの伝説を作ってきたのだ。

 岡山県の倉敷でスケートを始めた時、髙橋は専門的な指導はほとんど受けていない。ほとんどすべて、独学で学び取った。基本練習にしつこく打ち込むことで安定した滑りを手にしたが、フィギュアスケートがマイナーの域を出なかった時代、すべては手探りだった。

 その環境で、髙橋は世界に打って出て、男子フィギュアスケートの人気を定着させている。4回転ジャンプに果敢に挑み、失敗してもひるまなかった。華やかなステップは世界のスケートファンを魅了。そして五輪でメダルを取り、世界王者にもなり、後輩たちの道を大きく広げた。

 現役復帰した時には、再び挑む姿を見せている。

-これだけの地位を築いていた選手として、復帰することに怖さはなかったですか?「やっぱりダメ」と批判を浴び、経歴を汚すことになったかもしれない。

 復帰シーズンを終えたあと、そう尋ねたときに髙橋は即答している。

「ありました」

 彼らしい、とても素直な言い方だった。

「今までの評価を大きく落としてしまうかもしれない。それは考えました。でも、いいやって思ったんです。(引退してから)4年間、競技を見させてもらって、(ほかの選手は)別次元の演技をして、”勝てない”って悟りました。平昌を見た時、”みんなすげーなー”と思っちゃって、僕の過去はどうでもいいかなと。そう思ったらエゴが消えて、”これからを見よう、見たい”って。昔のことは置いて新しく作り直そう、って思えたんです」

 その朗らかな勇敢さを、どのように表現すればいいのか。結果、近畿選手権、西日本選手権を勝ち抜き、全日本選手権では目標としていた「最終滑走グループ入り(上位6人)をクリアし、表彰台に立った。4年ぶりに復帰した選手が2位になったのだ。

 そこで、彼は一つの境地に達した。

「初めて、人前でフィギュアスケートが好き、と言えるようになりました。それまでは『必要なものかな』って答えていました。嫌いじゃないけど、みたいな」

 そこに、フィギュアスケーターとしての矜持が濃厚に浮かぶ。髙橋はスケートと真剣に向き合ってきた。軽々しく、好きとは言えないほどに。

 一方で、アスリートは永遠ではない。肉体は必ず衰える。スケーターは練習後、スケート靴を脱いだまま、動けないほど消耗することもあるという。単純に考えて、片方の足首だけでその全体重を引き受け続ける。その負担はすさまじく、ねんざ、打撲は日常茶飯事だ。

「(スケーターの現役生活は)10年が限界」

 元世界王者のスペイン人スケーター、ハビエル・フェルナンデスはそう明かしていた。

 髙橋は10年以上をシニアとして滑り切ったあと、4年ぶりに復帰している。一人の競技者として、誰も成し遂げていない挑戦だった。そして復帰2年目、彼にとっても、未知の世界なのだ。

 残念ながら、西日本選手権での演技は見られない。髙橋は練習で限界を超えてしまったのか。しかし、その愚直さも彼らしい。

「復活の物語を作る!」

 髙橋はかつて前十字靭帯断裂という苦難に遭ったとき、そう心に誓っている。”挫折”とネガティブに考えず、”物語の序章”だと前向きな姿勢で乗り越えた。そして、バンクーバー五輪では銅メダルを手にしているのだ。

 シングルスケーターとして最後になる全日本選手権、高橋はどんなストーリーを紡ぐのだろうか--。

「自分が何をしたではなく、いろんな人が手をとってくれて、導かれてここまで来られました」

 髙橋は言う。彼の辿る軌跡のすべてが物語になる。