三菱全日本選手権本戦第3日。男子シングルス2回戦に臨んだ田中優之介副将(スポ3=埼玉・秀明英光)は片山翔(伊予銀行)にあと一歩及ばず。島袋将(スポ4=三重・四日市工)はシングルスでは山尾玲貴(関大)にストレート勝ちで自身初のベスト16入りを決めた一方で、望月勇希(中大)とペアを組んだダブルスでは接戦の末に敗れ2回戦敗退となった。また、混合ダブルスの田中・清水映里主将(スポ3=埼玉・山村学園)組は強敵をストレートで下し、準決勝へと駒を進めた。


片山にあと一歩及ばなかったが「自分のテニスはできた」と振り返った田中

 早大OBの片山と対戦した田中。ファーストセットは持ち前の強烈なサーブやフォアハンドで片山に対し優勢を保ち、ワンブレークアップでこのセットを先取。しかしセカンドセットに入るとスピンの効いたフォアハンドに加え、ドロップやボレーを織り交ぜられ流れは片山へ。3-6でこのセットを落とし、セットカウントをイーブンに戻された。ファイナルセットは互いに一歩も譲らぬ一進一退の展開に。しかし、両者サービスキープを続け迎えたタイブレークを片山が制し、勝利まであと一歩まで追い詰めたが及ばなかった。それでも「自分のテニスはできた。それ以上だったかもしれないです」(田中)と手応えを語った。


山尾をストレートで下した島袋

 第8シードの島袋は全日本学生選手権ファイナリストの山尾玲貴(関大)との対戦となった。全日本大学対抗王座決定試合準決勝以来、約2週間ぶりの顔合わせとなったが、ファーストセットは島袋が圧倒。「リターンもサーブもストロークも、全体的に良かった」(島袋)と、試合開始から5ゲームを連取し、このセットを6-1で奪った。セカンドセットも先にブレークに成功したが「勝たないとというプレッシャーもあって固くなってしまった」とミスも増え、山尾に追い上げを許す。それでもカウント4-4出迎えたリターンゲームでブレークに成功。反撃を振り切り、ストレート勝ちで自身初のベスト16入りを決めた。


島袋・望月組は松﨑・小野田組のコンビプレーを前に接戦をものにできず

 第4シードの島袋・望月組は早大のOBで現在はコーチを務める松﨑勇太郎(イカイ)と小野田賢(プロ・フリー)のペアと対戦。ファーストセットは互いにキープで迎えたカウント5-5にブレークを許すと続くゲームも0-40からキープされこのセットを献上。セカンドセットこそ2ブレークアップで奪ったが、ファイナルセットはコンビネーション、プレーの質で上回っていた松﨑・小野田組が3ブレークを奪うなど突き放し、島袋・望月の学生トップペアは2回戦で敗退となった。


田中・清水組はストレート勝ちでベスト4入りを決めた

 混合ダブルスの初戦となった準々決勝に臨んだ田中・清水組。「国体の」という同じ埼玉の高校出身で早大の同期によるペアは河野優平(伊予銀行)・米原美令(明治安田生命)組と対戦した。ファーストセットは互いにワンブレークずつを奪い合いタイブレークまでもつれたが、ここを田中・清水組が取り切りこのセットを先取。セカンドセットは「田中が吹いてくれました。田中のおかげです」(清水)と田中の強烈なサーブや懐をつくパスでポイントを重ねる。要所で清水の積極果敢なプレーも効き、終わってみれば6-2のストレート勝ち。かつては大学テニス界でトップを走り、現在はプロで活躍する河野・米原組を圧倒し、準決勝進出を決めている。

(記事、写真 林大貴)


結果

男子シングルス
▽2回戦
●田中優之介 [6-3、3-6、6(4)-7] 片山翔(伊予銀行)
◯島袋将 [6-1、6-4] 山尾玲貴(関大)


男子ダブルス
▽2回戦
●島袋将・望月勇希(中大) [6-3、5-7、1-6] 松﨑勇太郎(イカイ)・小野田賢
(プロ・フリー)


混合ダブルス
▽準々決勝
◯田中優之介・清水映里 [7-6(5)、6-2] 河野優平(伊予銀行)・米原美令(明治安田生命)

コメント

田中優之介副将(スポ3=埼玉・秀明英光)・清水映里主将(スポ3=埼玉・山村学園)

――まずペアを組むと決まった時期はいつ頃ですか

田中 国体の時にリストを見て、全然人がいなかったので、「お、じゃあエントリーしようぜ!」って感じで。

清水 ノリで誘われて。

田中 ランキング的に出られなかったんですけど、ワイルドカードをいただけて。

清水 申込み3日前とかで。本当にギリギリの駆け込みで。結局15組ぐらいエントリーしていたんですけど、結局ワイルドカードをもらえて、出場できました。

――ペアを組むのは初めてですか

清水 合宿?

田中 1回合宿かなんかでありましたけど、ほぼ初めてみたいなものですね。

――ペアリングの方はいかがですか

田中 映里がめっちゃ強いので、組んでいて楽しいです。

清水 いやいや。優之介がサーブもボレーもすごいので。私はなんにもしていないです。

――今日の相手は河野選手と米原選手という強敵でしたが、ファーストセットから振り返っていかがですか

田中 河野さんのブレークできたのは良かったんですけど、僕のサーブをブレークされてしまったのがいただけなかったかなと思いました。反省ですね。

清水 河野さんはダブルスのプロフェッショナルなので、当たって砕けろという気持ちだったんですけど、田中が持ち上げてくれたので、私は攻めていたらいいかたちでゲームを運べました。

――セカンドセットは圧倒的な内容でした

清水 セカンドは優之介がすごい吹いてくれて。ファーストめっちゃ入るし、ストレート抜くし。

田中 サーブは良かったですね。

清水 田中のおかげです。

田中 田中のおかげですか。ありがとうございます(笑)。

――清水選手、ここまで3種目全勝ですね

清水 そうなんですよ!びっくりですね。

田中 普通でしょ。いつも通り。

清水 いや、こんなことになると思っていなかったので、すごい心身ともに充実している大会です、今のところ(笑)。明日のシングルスはシード選手なので、しっかり準備をして臨みたいと思います。

――きょうの勝利で混合ダブルスベスト4入りとなりました

清水 ベスト4!片手に入っちゃうよ。学生で全日本タイトル獲りたいね。

田中 全国大会のベスト4ですよ。あと2つ勝てば優勝ですよ。

――準決勝へ向けて、一言お願いします

田中 いい意味で勝とうとか気負わず、伸び伸びとエンジョイしてプレーしているだけなので、1ポイント1ポイント大切にしていきたいですね。

清水 いろいろなことにチャレンジして、前向きに捉えて頑張りたいです!

――田中選手にお伺いします。片山選手とのシングルスの方を振り返っていかがですか

田中 試合始まる前は強いので、自分のテニスをできればいいなと思っていました。ただあそこまで競れたら、やっぱり勝ちたかったなと思いますね。

――自分のテニスはできていた印象です

田中 できていたと思います。それ以上かもしれないですけど、できていたと思います。

――あと一歩及ばなかった点としては

田中 向こうは最初は前に出てきて、パスを抜けていたんですけど。何回抜かれても勝負をしてきて、そこにやられてしまったかなと思います。セカンドからフォアで展開されたのが嫌らしかったかなと思います。ただ手応えはある試合になりました。

島袋将(スポ4=三重・四日市工)

――ダブルスの方からお伺いします。フルセットの末に敗れるかたちとなりましたが、振り返っていかがですか

一応シードは付いていたんですけど、実力は変わらないと思っていましたし、最初からファイトしていこうということは望月選手ともずっと話していました。ただ相手も序盤から全力で来て、こっちは少しファーストセットがうまくいかなかったですね。向こうのプレーが良くてリズムもつかめませんでした。その中でもセカンドセットは取りきれて、ファイナルセットも3−1までは良かったんですけど、そこから3ブレークを奪われてしまって。相手の流れになった時にミスもあって踏ん張れなかったですし、相手の方が積極性でも優っていたのかなと思います。

――普段は早大のコーチという関係の松﨑選手との対戦となりましたが、印象としてはいかがですか

めっちゃ上手いですね。ボレーもめっちゃ上手いですし、プレーも柔らかくて、なんでもできると思います。サーブの確率も高いですし。

――シングルスの方は山尾選手と約2週間ぶりの対戦となりました。セカンドセットは少し苦しむ場面も見られましたが

ファーストセットが良すぎたというところもあって。その中でセカンドセットも先にブレークしたんですけど、向こうも必死で向かってきて。勝たないとなというプレッシャーもあって、固くなってしまって、徐々にミスも出るようになってしまいましたね。ただその中でもストレートで勝てたのは良かったかなと思います。

――ファーストセット良かった点は具体的には

全体的に良かったですね。リターンもサーブもストロークも。相手はディフェンシブな選手なので、無理に攻め急がないことを心掛けて、それがうまくフィットしていい流れで試合に入れたと思います。

――きょうの勝利でベスト16入り決めました。今大会目指している位置というのは

優勝を目指しています。ただ1戦1戦タフな試合が続きますし、相手も強い選手ばかりなので。最終目標は優勝で、1戦1戦頑張っていきたいと思います。