全日本選手権(全日本)本戦2日目。早大からは女子シングルス2回戦へと臨んだ清水映里主将(スポ3=埼玉・山村学園)が牛島里咲(マサスポーツシステム)との死闘を制し、自身初のベスト16入りを決めた。1回戦が行われた女子ダブルスには清水・梶谷桜舞(ロブテニスアカデミー)組、下地奈緒副将(社3=沖縄尚学)・吉岡希紗(スポ1=三重・四日市商)組が出場。両ペアともに勝利し、2回戦進出を決めている。

★清水は牛島との死闘を制し自身初のベスト16へ


牛島との接戦を制した清水

 全日本学生選手権(インカレ)ファイナリストの小池颯紀(園田女子大)に快勝し2回戦へと駒を進めた清水。相手はかつての筑波大のエース・牛島となった。清水は「通算でも3勝1敗なので苦手意識はありませんでした。ただ相手はシード選手で、こっちは予選からだったのでチャレンジャーの気持ちで」と試合に臨んだ。
 ファーストセットは清水が圧巻のプレーを披露。強烈かつ正確なストロークに緩急を織り交ぜ、相手に1ゲームも与えぬままファーストセットを奪った。しかしセカンドセットは牛島も対応を見せ始める。清水は緩いボールをバックに集められ、持ち味のストロークの勢いを封じられるとともにミスも誘発させられた。「このまま来るだろうとは思っていなかったが、それに対応できませんでした」(清水)。このセットを4−6で献上し、勝負はファイナルセットへと持ち込まれた。ファイナルセットも互いにブレークを奪い合う一進一退の展開となったが、「集中力を切らさず、最後まで攻める気持ちを忘れなかった」とカウント5−5からブレークに成功すると、続くゲームもキープし勝利。清水は自身初となるベスト16進出を決めた。

★ダブルスは2組が2回戦へ進出!


ストレートで勝利を収めた下地・吉岡組

 下地・吉岡組の初戦の相手は秋山みなみ・細木祐佳(プロ・フリー)組。関東学生選手権優勝、関東大学リーグ5戦全勝と学生を代表するペアの一角へと躍進を遂げた下地・吉岡組は出だしからその勢いを見せつける。要所で吉岡がパッシングショットを決めるなどファーストセット序盤から一気に4ゲームを連取。サービスゲームでは手堅くキープを続け、このセットを6−2で先取した。セカンドセットも第3ゲームでブレークに成功し流れを渡さず。カウント4−3からブレークを許したものの、続くゲームで下地のストロークから吉岡のポーチでポイントを重ね、すぐさまブレークバックに成功。試合を通じて主導権をにぎり続け、ストレートで快勝を収めた。

 清水は早大の先輩である梶谷とのペアで全日本へと挑戦。守谷友里加(テニスユニバース)・髙橋玲奈(リコー)組に対しファーストセットを献上したが、セカンドセットは清水のリターンや梶谷のパスも冴え5つのブレークを奪いセットカウントをタイに戻した。迎えたファイナルセットでは清水のストロークから梶谷がネットプレーで仕留めるかたちがはまり、接戦となったセカンドセットを取り切った勢いそのままに6ー1と圧倒。早大の先輩・後輩ペアが逆転勝利で初戦を突破した。

(記事、写真 林大貴)

結果

女子シングルス
◯清水映里 [6-0、4-6、7-5] 牛島里咲(マサスポーツシステム)


女子ダブルス
◯清水映里・梶谷桜舞(ロブテニスアカデミー) [2-6、7-5、6-1] 守谷友里加(テニスユニバース)・髙橋玲奈(リコー)
◯下地奈緒・吉岡希紗 [6-2、6-4] 秋山みなみ(Fテニス)・細木祐佳(プロ・フリー)

コメント

清水映里主将(スポ3=埼玉・山村学園)

――牛島選手との対戦はこれまでも経験があったと思いますが、試合に臨むにあたって意識したことはありましたか

牛島さんとは2年前のリーグで当たっていて、通算でも3勝1敗なので苦手意識はありませんでした。ただ相手はシード選手で、こっちは予選からだったのでチャレンジャーの気持ちで臨みました。

――ファーストセットは6−0と圧倒しましたが、振り返っていかがですか

ファーストセットは相手のミスにも助けられました。こっちのミスを減らして、緩急も使っていいかたちで試合に入ることができたと思います。

――セカンドセットは牛島選手に献上するかたちとなりました

相手もこのままじゃダメだと思って、このまま来るだろうとは思っていませんでした。緩いボールをうまく使われて、それに対応できませんでした。

――ファイナルセットも接戦となりましたが、勝ち切れた要因としては

牛島さんが途中でアンダーサーブになって、やりにくさもあったんですが、集中力を切らさず、最後まで攻める気持ちを忘れなかったことが勝因だと思います。早大のみんなも応援してくれていたので、応援も力になりました。

――リーグの時期から比較すると状態も上がっているように感じます

あの時期はテニスをするのも辛かったですね。今はいいかたちでテニスができるようになってきたので、これからも謙虚に頑張っていきたいです。

――初のベスト16進出を決めました。今大会はどのくらいの位置を目指していますか

3回戦に行ったことがなかったので、とりあえず2回戦を突破しようということを考えていました。初めてベスト16に進めたので、ここからはチャレンジャーとして向かっていきたいと思います。

――今後の全日本での戦いに向けて、一言お願いします

早大の女子部はシングルスが私以外予選で負けてしまって、残っているのは私だけなので、女子部を代表して、主将として。初めて3つ(シングルス、ダブルス、混合ダブルス)出させてもらっているので、楽しんで勝っていければと思います