■「ATP500 バーゼル」(スイス・バーゼル/10月21日~27日/室内ハードコート)

現地27日、大会最終日の男子シングルス決勝。第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が世界28位の20歳アレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦する。両者は今回が初対戦。

同大会9度の優勝を誇るフェデラー。今大会、不戦勝となった準々決勝を除いた3試合すべてストレートで勝利しており、地元ファンの前で盤石な勝ち上がりを見せている。

対戦相手のデミノーは、今大会ワイルドカード(主催者推薦枠)での出場。準々決勝までストレートで勝ち上がり、準決勝ではビッグサーバーであるライリー・オペルカ(アメリカ)とのフルセットの接戦を制した。

地元大会で10度目の優勝を目指すフェデラーと、ATP500で初優勝を目指すデミノー。両者がどのような試合展開を見せるか注目だ。決勝は日本時間23時以降に開始予定。

■「ATP500 ウィーン」(オーストリア・ウィーン/10月21日~27日/室内ハードコート)

大会最終日の男子シングルス決勝。第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第5シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。両者の過去対戦成績はティームの4勝2敗と勝ち越しているが、ハードコートでは1勝1敗のイーブンだ。

26歳ティームは、準決勝で第3シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に逆転勝利し、初の同大会決勝進出。一方、ティームと同世代の27歳シュワルツマンは、準々決勝で第2シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)、準決勝では第4シードのガエル・モンフィス(フランス)を破っている。

地元ファンの見守るなか、ティームが悲願の同大会初優勝を飾るか。それともシュワルツマンが通算4個目のタイトルを獲得し、それを阻むか。両者の試合は、日本時間22時以降に開始予定だ。

◇   ◇   ◇

【10月27日の注目ドロー】

◆「ATP500 バーゼル」

男子シングルス決勝

[1]ロジャー・フェデラー(スイス)対 [WC]アレックス・デミノー(オーストラリア)

男子ダブルス決勝

テイラー・フリッツ(アメリカ)/ライリー・オペルカ(アメリカ)対 [4]ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)/オリア・テカウ(ルーマニア)

◆「ATP500 ウィーン」

男子シングルス決勝

[1]ドミニク・ティーム(オーストリア)対 [5]ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)

男子ダブルス決勝

[1]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)対 [4]ラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)

(テニスデイリー編集部)

※写真は左からデミノー、フェデラー、ティーム、シュワルツマン

(Getty Images)