■「ATP500 バーゼル」(スイス・バーゼル/10月21日~27日/室内ハードコート)

現地26日、大会6日目の男子シングルス準決勝。第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)に6-4、6-4で勝利し、3年連続15度目の同大会決勝進出。10度目の優勝に王手をかけた。

ブレークポイントを握られることなく第1セットを先取したフェデラー。第2セット第10ゲームでは、この試合唯一のブレークのピンチを迎えるも、凌いでセットを連取。これでチチパスとの対戦成績は2勝1敗となった(「ATP1000 ローマ」でのフェデラーの試合前棄権は除く)。

もう一方の準決勝では、世界28位の20歳アレックス・デミノー(オーストラリア)が世界37位の22歳ライリー・オペルカ(アメリカ)と対戦。7-6(2)、6(4)-7、7-6(3)でデミノーが若手対決を制し、今シーズン4度目となる決勝進出を果たした。

相手オペルカに試合を通して26本のサービスエースを決められるも、接戦を制したデミノー。これでオペルカに対し4勝0敗となった。

■「ATP500 ウィーン」(オーストリア・ウィーン/10月21日~27日/室内ハードコート)

大会6日目の男子シングルス準決勝。第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第3シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に3-6、7-5、6-3で勝利し、自身初の同大会決勝進出を果たした。

直近で出場した「ATP1000 上海」準々決勝では、ベレッティーニにストレートで敗れていたティーム。逆転勝利で雪辱を果たし、悲願の地元大会初優勝まであと一歩に迫った。

もう一方の準決勝では、第5シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)が第4シードのガエル・モンフィス(フランス)に6-3、6-2で勝利し、今シーズン3度目の決勝進出を決めた。

◇   ◇   ◇

【10月26日 主な試合結果】

◆「ATP500 バーゼル」

男子シングルス準決勝

〇[1]ロジャー・フェデラー(スイス)6-4、6-4 ●[3]ステファノス・チチパス(ギリシャ)

〇[WC]アレックス・デミノー(オーストラリア)7-6(2)、6(4)-7、7-6(3) ●ライリー・オペルカ(アメリカ)

◆「ATP500 ウィーン」

男子シングルス準決勝

〇[1]ドミニク・ティーム(オーストリア)3-6、7-5、6-3 ●[3]マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)

〇[5]ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)6-3、6-2 ●[4]ガエル・モンフィス(フランス)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 上海」でのフェデラー

(Photo by Yin Liqin/China News Service/VCG via Getty Images)