写真:笹尾明日香(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)~10月27日(日)>

26日、全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)は大会2日目を迎えた。女子シングルス2回戦がスタートし、シード選手が続々登場した。笹尾明日香(早稲田大)が今大会シングルス初戦に臨み、安田優佳(福岡大学)を下し3回戦進出を決めた。

試合後のコメント

笹尾は横浜隼人高校時代は全日本選手権ジュニアの部で優勝、今シーズンからトップおとめピンポンズ名古屋よりTリーグにも参戦している。今大会の優勝候補の1人だ。

試合後、笹尾は「ダブルスで早い段階で負けてしまったので、シングルスでは負けないように気合を入れて、強い気持ちで臨んでいます。シングルスではダブルスの分まで頑張ろうという気持ちでいます」と大会初日に第1シードながら3回戦で敗退したダブルスから気持ちを切り替えて臨めていることを明かした。

結果




写真:笹尾明日香(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

〇笹尾明日香(早稲田大) 3-0 安田優佳(福岡大学)

文:ラリーズ編集部