◆2019年度秋季関東大学バレーボールリーグ戦◆

10月19日 対平成国際大 立正大学熊谷キャンパス

ここまでリーグ戦僅か1勝の立大。第8戦から約3週間ぶりに迎えた今回の1戦だが、前回と大きな違いがあった。セッターとしてチームを支えてきた本澤(済3)の離脱である。本澤はよりレベルの高い環境を求めて立大を休学し、10月からⅤリーグのヴォレアス北海道へ戦いの場を移したのだ。プロの舞台へ挑んでいった偉大な先輩の代わりにセッターのポジションに入ったのは、リベロの♯9中嶌(現2)。新たなチーム編成で、まずは2部残留を目指す。


トスを上げるセッターの#9中嶌(現2)

接戦を制した立大が先手を取る。第1セット序盤、♯11星倉(文1)や♯12矢野(済1)のスパイクに相手もミスも重なってポイントを稼ぎ、9-5と4点のリードを奪った。しかし、相手のタイムアウト明けからは強烈なスパイクに苦しみ、主将の♯1羽田(営4)のブロックや、♯8九冨(コ2)のレシーブなどで懸命に守るも、じわじわと点差を縮められ、ついに23-23の同点に追いつかれる。それでもリードは許さず、押し切った立大が第1セットを取った。続く第2セットも立大ペースで進み、精彩を欠く相手に♯13井原(済1)、♯19濱野(済2)のスパイクや、中嶌の技ありツーアタックが決まり、終始リードを保ったまま第2セットも連取。2試合ぶりの勝利に王手をかける。

しかし、第3セット以降は厳しい戦いが続く。調子を取り戻した相手に対し、終始ビハインドを背負う展開。ラリーが長く続く場面も多くあったものの、流れを取り戻せないまま14-25の大差で第3セットを落とす。円陣を組み、流れをたぐり寄せたい中で迎えた第4セットも、点の取り合いから徐々に差を広げられ19ー24で落とし、セットカウントでも追いつかれてしまう。


ボールに狙いを定め、スパイクの体制に入る#16西岡(文3)

勝利がかかる第5セット。再び円陣を組んで気合を入れ直し、途中出場の♯16西岡(文3)や星倉のスパイクで先行するも、3連続ポイントで逆転を許す苦しい展開。それでも西岡の相手の隙を突いたパス・アタックや、鋭いスパイクで追い上げを見せ、1点差まで詰め寄る。しかし流れを完全に引き戻すことができないまま、あと一歩及ばず敗れた。
これでリーグ戦は1勝8敗と、2部残留がまだ確定していない。この状況でも、久々のセッターながらこの試合フルで出場した中嶌は「とりあえず、ひとつ勝つ」と闘志を燃やした。残り2戦、必勝の思いで、最後まで戦い抜く。
(10月24日・濱渡晏月)

◆コメント◆
西岡 洋平選手(文3)
「流れを止められずに、もったいない試合だったなって思います。今日が本当に取りたかった試合だったので、明日本気で取りに行きたいです。来週というより明日、絶対勝ち点を取るっていう気持ちで頑張りたいと思います」

中嶌 夏生選手(現2)
「やっぱり初めてなので、緊張とかプレッシャーとかあったんですけど、入りはすごく良くて、第1セット第2セット取れて、それでちょっと落ち着いて、いつも通り上げられたかなと思います。3セット以降は自分達から逆転を許したみたいな展開になってしまって、逆転につながるようなプレーを生み出せなかったっていうのが、良くなかったです」