写真:福島礼子(写真左)と福島彩子(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)~10月27日(日)>

25日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が開幕した。女子ダブルス1回戦で福島礼子/福島彩子(高知工科大)が上島優理/蓜島百合絵(東北福祉大)と対戦。ゲームカウント3-1で福島姉妹が勝利を収めた。

高知工科大4年の福島礼子/福島彩子は、全日本選手権出場の実績も持つ。2019年全国国公立大学卓球大会(通称全国公)では、女子ダブルスで優勝し、2017年から3連覇という偉業を達成している。

この試合では幸先よく1ゲーム目を先取すると、相手の表ソフトラバーのブロックや時折見せるトリッキーなプレーに惑わされて2ゲーム目を奪われた。しかし、その後は実戦で培った経験や実力でうまく相手を攻略し、2回戦へと駒を進めた。

試合後のコメント




写真:福島礼子(写真左)と福島彩子(写真右・高知工科大)/撮影:ラリーズ編集部

初戦を無事勝ち抜いた福島ペアは「全日本選手権と違って大学生しかいない大会なので、前から知っている相手も多く、気持ちの持ち方が違いますね。全日本選手権は思い切っていけるけど、全日学は勝たなきゃっていう気持ちが強いです」。また、「(対戦相手の)情報は全然なかったので、一応どのぐらいの成績の選手かはネットで調べたんですけど、作戦は全然うまくはいかなかった(笑)相手もすごく強かったので勝てて良かったです」とにこやかに話した。

次戦は専修大学の柴田理彩/森本枝里との対戦となる。国公立大学の雄がどこまで勝ち進めるか目が離せない。

詳細スコア




写真:惜しくも敗れた上島優理(写真右)と蓜島百合絵(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

○福島礼子/福島彩子(高知工科大)3-1 上島優理/蓜島百合絵(東北福祉大)
11-9/7-11/11-4/11-9

文:ラリーズ編集部