全日本学生選手権(インカレ)がついに開幕。ベスト4入りし全日本選手権(全日本)へ進出することを目標とする早大男子ホッケー部。初戦は関西第5代表の神戸大学との対戦となった。前半から得点を重ねた早大は、最後まで主導権を譲らず相手を圧倒。8-0のスコアで快勝した。

 秋晴れの空の下、早大のセンターパスで試合が幕を開けた。第1クオーター(Q)約1分、早大はさっそくペナルティコーナー(PC)を獲得。FW清水拓登(スポ3=滋賀・伊吹)が冷静に決め、先制点を獲得した。その後約4分にも、DF中嶋鍊(スポ4=島根・横田)ペナルティーストローク(PS)を成功させる。約6分にはFW清水からDF湯本修嗣(政経4=東京・早大学院)、そしてFW今村(光成、商4=東京・早大学院)へと素早くパスが繋がり、ふたたびボールを受けたDF湯本がシュート。早大らしい連係プレーでの得点となった。第1Q終盤には相手にサークルインを許すも、的確にカットし早大のペースを崩さない。第2QにはFW清水が再度PCで得点。さらにFW村上和亮(政経2=東京・早大学院)やFW今村の攻撃により追加点を獲得し、前半を6-0で終えた。


3点目を決めたDF湯本

 後半も早大が主導権を握る展開となった。第3Q開始約2分、齊藤湧大(スポ4=栃木・今市)のサークル外からのパスをFW村上がスティックに当てゴールに押し込み、7点目となる追加点を得る。DF齊藤やDF依田星也(商3=東京・早大学院)らDF陣の活躍で、相手には決して得点のチャンスを与えず。余裕ができた早大は、「あすの試合に向けて選手を入れ替えてどんどんフレッシュな選手を入れていこう」(大野誠弥主将、政経4=東京・早大学院)と、2年生を中心としたリザーブメンバーを積極的に投入。その結果、PCを重ねても思うように得点できない時間が続く。このまま試合終了かと思われた第4Q約14分50秒、DF依田がカットしたボールをFW岩井怜太(政経2=東京・早大学院)に繋げ、見事シュートを決めた。「ブザービートみたい」(岩井)と振り返る試合終了約10秒前のゴールに、客席からは歓声が上がった。


試合後、挨拶する選手たち

 インカレ初戦、順調なスタートを切った早大。あす行われる2回戦の相手は福井工業大学(福井工大)。昨年度インカレ準優勝、今年度も全日本大学王座決定戦ベスト4の実績を持つ強豪校である。一筋縄ではいかない相手だが、MF大野主将は「絶対勝って全日本に一歩近付きたい」と力強い意気込みを口にした。磨き上げたチーム力を武器に、一致団結し勝利を目指す。

(記事 小出萌々香、写真 新藤綾佳、涌井統矢)

結果
TEAM1Q2Q3Q4QTOTAL
早大
神戸大
コメント

MF大野誠弥主将(政経4=東京・早大学院)

――きょうの試合を振り返っての感想をお願いします

1Qで3点取って、自分たちのペースで試合が進められていたので、その点に関してはすごくよかったなと思いました。

――戦ってみての神戸大の印象はいかがでしたか

相手チームは四年生が引退されてて、一から三年生のチームで、相手がどうこうより自分たちのプレーをしていこうというかたちだったので、正直技術的には自分たちの方が上回っていたので展開的にも自分たちのペースでできていたのかなと思います。

――予定していたゲームプランと、実際の試合展開に差はありましたか

あすの試合に向けて選手を入れ替えてどんどんフレッシュな選手を入れていこうということでやってきたんですけど、やっぱり後半になってから点数がなかなか取れない時間も結構続きましたし、そういった面ではリザーブの選手の技術力の向上っていうのをもうちょっとやってかなきゃいけないかなという課題を感じた試合でした。

――インカレに向けて強化してきた点はありますか

特に自分たちは個人の技術というよりはチームでどうしていこうというところで、リスタートを早くするということを特に意識して、同じ関西のチームですと個人のプレーも(技術力が)高いんですけど、ファールを取った後のプレーの動きだとか、ボールを持っていない選手の動きというのがすごく関東の選手よりもスピーディーに動いている印象があって、自分たちもそれに着いていかないといけなかったのでそういった面を意識してやってきました。

――あすの福井工大戦はどんな試合にしたいですか

なかなか得点を重ねて勝てるような相手ではないので、自分たちの持ち味であるディフェンス面から相手にペースを掴ませずにカウンターとかで1点取って守りきる、そんな試合展開をしていきたいと思います。

――最後に、あすに向けての意気込みをお願いします

絶対勝って全日本に一歩近付きたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします!

DF湯本修嗣(政経4=東京・早大学院)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうは勝てると思っていたんですけど、翼(山下、スポ3=滋賀・伊吹)が居なくなってしまい、その分大地(本橋、スポ3=埼玉・飯能南)という頼れる後輩なんですけど最近試合に出ていなくてその分だけ不安がありました。あとはいつの通り変わらずに行けたと思います。

――インカレの初戦でしたが緊張などはありましたか

自分は特に緊張などはありませんでした。少し体調を崩していたのでそこが気になっていました。インカレも4回目なのであまり緊張はありませんでした。

――前半からテンポよく点を奪っていきました。想定していた展開だったのでしょうか

うちは攻めていても点が取れないチームだと思っていたのですが、今回は後半は落ちてしまったのですがたまたまテンポよく点を取ることができて予想以上という感じです。自分が思っていた以上によい出来だったかなと思います。

――3点目となった自身の得点シーンを振り返ってみていかがでしょうか

きょうは湧大(DF齊藤)に整列中に点を取るためになんか話したので、取れてよかったです。あのシーンは拓登(FW清水)がワンタッチで繋いでくれて、俺が今村に繋いで今村がまた戻してくれて、みんなで繋いで取れたのですごいいい思い出が最後にできたかなって思います。

――現在の守備陣の状況はいかがですか

やっぱり翼が抜けてしまった分大変だと思います。ですがそこは俺とか鍊(DF中嶋)とか最上級生が2人いるのでそこで大地とか依田とかしっかりサポートして、明日は大事な試合になるのでそこでいい状況にもっていけたらと思います。

――あしたは強豪・福井工大との対戦になりますが、意気込みをお願いします

勝たないと終わりなので勝ちにこだわって頑張っていきたいです。

FW岩井怜太(政経2=東京・早大学院)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

相手は自分たちがいつも通りにプレーをすれば勝てる相手だったので、自分もチャンスがあったら決めていこうと思って臨みました。点数はいっぱい入ったんですけど、あすの福井工大という強敵に対して考えるともうちょっと改善が必要だと思います。

――インカレへの出場となりましたが、その点はいかがでしたか

インカレは昨年も出ていまして、1回戦で今の3年生の拓登さん(FW清水)の代わりで出ていたんですけど、昨年は点を決められなかったので、きょうは決められて良かったです。

――その得点シーンを振り返っていかがでしたか

依田さん(DF依田)がまずカットしてると思ってたらカットしてくれて、良い感じにカットしてくれたので、味方の動きとかを見てちょうど自分のコースが空いていたので呼んだら出してくれて、あとは決めるだけでした。一回止められそうになったんですけど、いい感じに抜けていって最後思いっきり振り抜いたら入ったっていう感じですね。

――インカレ初ゴールになりましたが、決められた時のお気持ちはいかがでしたか

自分としては決めた時は特になかったんですけど、後から「ブザービートみたいだったね」と同期に言われて、今振り返ると気持ちよかったなと思いますね。

――観客席も湧いていましたが、その声は聞こえていましたか

集中していると意外と聞こえなかったですね。決まったなぁという感じくらいで。歓声があったのは嬉しいですね。

――4年生の対談で、「2年生が伸びている」というお話がありましたが、ご自身として成長を感じられている点はありましたか

昨年ですと、先輩たちに任せてパスが多くなってしまっていたんですけど、今回は自分でボールを運んでいこうという意識でやれていて、シュート打ったシーンも昨年までだったらパスを出していたかもしれないんですけど、今年は自分でいこうと思って打ててたのでそこは変化した部分かなと思いました。

――明日の福井工大戦へ向けた意気込みをお願いします

あしたの相手は超強豪ですので、そこに勝つことができれば全日本も見えてくると思うので全力で挑みたいと思います。