「日本シリーズ」 巨人―ソフトバンク第3戦  4回ソフトバンク2死満塁、デスパイネが左前に2点打を放つ=東京ドーム【写真提供:共同通信社】


■デスパイネ(福岡ソフトバンク)
○6-2vs読売巨人(東京ドーム)
打撃成績/空三振、中安①、左安②、四球

 福岡ソフトバンクのデスパイネが22日の日本シリーズ第3戦で2安打3打点の活躍を見せ、チームを3連勝に導いた。

 初回の第1打席は低めのシンカーに空振り三振に倒れたが、1対1の同点で迎えた3回の第2打席で、2死1、2塁から甘く入ったスライダーを逃さずにセンターへ勝ち越しタイムリーを放って読売巨人・先発の高橋優貴をKO。さらに4回の第3打席では、2死満塁から3番手・戸郷翔征のスライダーを捉え、試合を決定づける大きな2点タイムリーを放った。

 日本シリーズでは1、2戦で無安打と4番の役割を果たせていなかったデスパイネだったが「チームが勝ったことで自分のモチベーションも上がっていたし、打てると自信を持っていた」と敵地での第3戦で本領を発揮。「得点圏ではランナーを返す気持ちで打席に入った」という言葉通り、一発長打ではなく、逆方向への意識を感じさせる打撃を見せて勝利に貢献した。工藤監督が「つないでいく意識を持っていることが、フォアボールにもつながっていると思う」と振り返ったように、連続タイムリーの後の第4打席では8球粘って四球を選んで見せた。

 工藤監督が「1戦1戦、全力を尽くして戦うだけ」という戦いで、チームはCSファーストステージから9連勝となった。昨年に続くレギュラーシーズン2位からの日本シリーズでセ・リーグのチャンピオンを圧倒し、一気に王手をかけた。デスパイネは「4連勝してここで胴上げできるように明日も頑張りたい」とスイープでの3年連続日本一を力強く誓った。