10月19日(土)東京六大学野球秋季リーグ戦 明大1回戦 @神宮球場

法大との天王山を制し全勝中の慶大は、春に連敗を喫し優勝を果たした明大と対戦。初回に3番・柳町達(商4・慶應)の2点本塁打で先制する。直後の裏で1点を失い、明大の反撃に遭うも、5回に2点も追加し、強力なリリーフ陣でそのまま逃げ切った。慶大は、投打において安定した活躍を見せ、連勝を7に伸ばした。

慶大バッテリー:○髙橋佑、髙橋亮、津留﨑、石井-郡司

明大バッテリー:●伊勢、入江-蓑尾、西野

慶大本塁打:柳町1号2ラン(1回)

法大との天王山を制し6連勝と波に乗っている慶大。勢いそのままに初回から相手先発の伊勢に襲い掛かる。先頭打者の中村健人(環4・中京大中京)の四球と2番・下山悠介(商1・慶應)の犠打で1死二塁の好機を作ると、先日のプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから5位指名を受けた3番・柳町達(商4・慶應)が登場。「初球から振っていこう」という言葉通り、初球を振りぬくと、打球は低い弾道でセンターのバックスクリーンに。2点本塁打という最高の結果で幸先良く先制に成功する。2点の援護を受けて、直後の裏でマウンドに登ったのが先発・髙橋佑樹(環4・川越東)。今季先発したリーグ戦3試合で初回に失点を許していなかったが、先頭打者に四球を許し、盗塁を決められると、好打者の2番・添田に右前適時打を打たれ、1点を返される。

髙橋佑は待望の今季初白星を挙げた

その後、両先発とも走者を出すも、粘りの投球を披露し、スコアボードにゼロが並ぶ。膠着状態が続く中、5回に再び試合が動く。3番・柳町と中日ドラゴンズから4位指名を受けた4番・郡司裕也(環4・仙台育英)による連打で無死二塁・三塁の状況を作ると、直後の5番・正木智也(政2・慶應)に対する2球目が暴投となり、柳町が本塁に帰還。1点を追加する。このまま畳みかけたい慶大は、6番・福井章吾(環2・大阪桐蔭)の犠飛でさらに追加点を奪った。

小原も現在3割6分と安定した結果を残している

今日の慶大投手陣にとって点差は3点で十分だった。6回に髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)、7回と8回に津留﨑大成(商4・慶應)が無失点に抑えると、最終回に登板した石井雄也(商4・慶應志木)が最後の打者を三振に仕留め、ゲームセット。本格派の4年生投手陣による勝利の方程式で逃げ切りに成功し、連勝を7に伸ばした。

今日も安定した投球を披露した津留﨑

少ないチャンスをものにし、接戦を勝ち切った慶大。2点本塁打を放った柳町、5回の好機を広げる二塁打を打った郡司、2回無失点の好投を披露した津留﨑など、先日のプロ野球ドラフト会議で指名を受けた選手の活躍が目立った。しかし、圧倒的なタレントを持つ選手を複数擁して、簡単に勝てるほど野球というスポーツは甘くはない。特に終盤に入ったリーグ戦では、ますますチームの団結力というのが求められるだろう。

明日、明大の先発は、広島東洋カープからドラフト1位指名を受けた森下と予想される。「チーム全員で攻略できるような気持ち」(大久保秀昭監督)を持って挑んでほしい。春の雪辱を果たすまであと1勝。

(記事:萬代理人、写真:澤田夏美、左近美月)