◆令和元年度東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦◆

10月15日 対明大 早大東伏見グラウンド


第1戦を黒星で終え優勝にはあと1戦も落とせない中迎えた第2戦。4回に髙岡(済4)が二塁打を放ち出塁すると、高橋(異4)が二塁適時打で貴重な先制点を挙げる。投げては先発の石田(コ2)が初回こそ四球で出塁を許したが、その後はリズムをつかみ3回表まで明大打線に一安打も許さない力投をみせる。4回から登板した竹生(コ1)も9回まで2安打のみに抑え得点を許さなかった。少ないチャンスを活かし白星を挙げ、明日の第3戦に望みを繋いだ。


4回に二塁適時打を放った高橋

初回、先発の石田が二者連続の四球でピンチを招くも、後続を打ち取りこの回を無失点で抑える。その後は3回まで両チーム打線が繋がらず無得点のまま試合が進む。試合が動いたのは4回裏。2アウト走者なしの状況で髙岡がセンター方向へ二塁打を放ち好機を作る。ようやく訪れたチャンスを無駄にはできない。次にバッターボックスに立ったのは高橋。「狙い球を絞ってしっかり捉えられた」。打ったボールは左中間へ飛んでいきその間に髙岡がホームに生還。貴重な先制点を挙げる。高橋は4回の表で送球エラーをし「明治からヤジを飛ばされて悔しかった。絶対取り返してやろうと思っていた」とミスを見事にカバーした。


4回から登板し完封した竹生

追加点の欲しい立教だったがその後は8回まで三者凡退に抑えられた。打線が振るわない中、途中登板した1年の竹生も明治の1年ピッチャーに負けじと6、7回を三者凡退に抑える好投でチームに貢献。8回こそ満塁のピンチを招くもなんとか切り抜き貴重な1勝をもぎ取った。

明日の3回戦で泣いても笑っても4年生にとっては最後の公式戦。有終の美を飾るために。最後の戦いが始まる。
(10月16日・小松勇斗)