東京大学 0 - 6 立教大学
勝:手塚 敗:坂口
本塁打:宮慎

東大・坂口(④日比谷)、立大・手塚(④福島)が先発のマウンドに上がる。

1回裏の立大。
宮慎(③市船橋)の先頭打者ホームランでいきなり先制すると、宮崎仁(①大阪桐蔭)、太田(②智辯学園)もヒットで出塁しチャンスを作る。無死2・3塁のチャンスに昨日タイムリーヒットを放った山田(①大阪桐蔭)がこの日も期待に応える2点タイムリーヒットを放つ。さらに立大の猛攻は続き、江藤(④東海大菅生)の犠牲フライでこの回一挙4点を追加する。

東大は、坂口に代わり2番手で登板したエース・小林大(④横浜翠嵐)が連投ながらも好投で立大打線に得点を与えない。
しかし打線が、3度目の正直に燃える立大・手塚の前にチャンスを作れない。

その後、法大・手塚、東大・小林大の投げ合いが続き拮抗した試合展開となる。

法大は5回裏、先頭の宮崎仁(①大阪桐蔭)がヒットで出塁すると、連続四死球で満塁のチャンスとなる。ここで代打・中嶋(③佼成学園)が起用に応える犠牲フライを放ち、貴重な1点を追加する。
続く、6回にも宮崎仁の犠牲フライで手堅く得点を奪う。

反撃に出たい東大だが、3度目の正直に燃える手塚や赤塚(④麗澤瑞浪)の好投で得点が伸びない。

 

最後まで東大に付け入る隙を与えなかった立大が2連勝で勝ち点1を獲得した。