前夜第2戦はタッチアップで1点もぎ取り

ソフトバンク 7-0 西武(CS・11日・メットライフ)

 ソフトバンクの松田宣が2日連続で熱い好走塁をみせた。11日のパ・クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦、2回先頭の松田宣は死球で出塁。そこからの気迫溢れる走りを「パーソル パ・リーグTV」が動画で公開している。

 1点リードで迎えた2回、続く内川の打球は右飛かと思われたが、そのまま落ちて右前打に。すると一塁走者の松田宣は打球が落ちたのを確認すると二塁を蹴って、一気に三塁まで到達。間一髪でセーフとした松田宣は塁上で手を叩き、雄たけびを上げる喜びっぷりをみせた。

 前夜の第2戦でも2回一、三塁の場面で三走だった松田宣は、牧原の右飛でタッチアップ。スライディングで生還すると、ベンチでは万歳ポーズで喜ぶ姿がみられた。熱い男は走りでも熱かった。

 松田宣の好走塁もありソフトバンクは西武に7-0で勝利。3連勝となり、あと1勝で日本シリーズ進出が決まる。(Full-Count編集部)