落とせば長打の大飛球も 7点差守り抜きゲームセット

ソフトバンク 7-0 西武(CS・11日・メットライフ)

 ソフトバンクは11日、パ・クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦に7-0で勝利。強力な西武打線に先発・千賀が8回10奪三振無失点の好投を見せ、続く9回には外野守備陣が好守締め。その様子を「パーソル パ・リーグTV」が「フェンス際の魔術師」と動画で伝えている。

 7点を奪って迎えた9回裏、マウンドには2番手の高橋純が上がった。1死から迎えた外崎は、内角の直球を振りぬき左中間に大きな当たり。伸びれば本塁打、フェンスに当たっても長打と場内は歓声が高まったが、この回から左翼の守備に就いた周東がこれにバックで追いつきジャンプ。打球がしっかり収まったグラブを高々と掲げてアピールした。

 さらに2死から山川が四球で出塁し、迎えた栗山も150キロ直球を振りぬいた。右翼フェンスに当たりそうな打球に、右翼手・福田がまたもジャンプで見事にキャッチ。好守で試合を締めた。これでソフトバンクは王者西武に対して無傷の3勝、日本シリーズに王手をかけている。(Full-Count編集部)