山口と有原は、今季の投手で最多の選考基準4項目をクリアしている

 沢村栄治賞(通称沢村賞)は、プロ野球草創期の大投手沢村栄治にちなんで、その年の最も優秀な先発投手に授与される栄誉ある特別賞だ。1947年に始まり、当初はセ・リーグの投手のみが対象だったが、1989年からは両リーグの投手が対象となる。

 選考委員によって選出されるが、選考基準として25登板以上、10完投以上、15勝以上、勝率6割以上、200投球回以上、150奪三振以上、防御率2.50以下の7項目が設けられている。2018年からは7回以上投げて自責点3以下だった試合をQS(MLBの基準とは異なる)として、先発登板数に占めるQS率も参考にしている。

 両リーグの規定投球回数以上の15投手について、選考基準をクリアした数とQS%を出してみる。

【セ・リーグ】
大野雄大(中)2
(◯25登●2完●9勝●勝率.529●177.2回◯156三 ●防率2.58)QS 64.0%
ジョンソン(広)1
(◯27登●1完●11勝●勝率.579●156.2回●132三 ●防率2.59)QS 22.2%
山口俊(巨)4
(◯26登●0完◯15勝◯勝率.789●170回◯188三 ●防率2.91)QS 46.2%
今永昇太(デ)3
(◯25登●3完●13勝◯勝率.650●170回◯186三 ●防率2.91)QS 56.0%
西勇輝(神)1
(◯26登●1完●10勝●勝率.556●172.1回●112三 ●防率2.92)QS 50.0%
青柳晃洋(神)1
(◯25登●1完●9勝●勝率.500●143.1回●100三 ●防率3.14)QS 24.0%
大瀬良大地(広)1
(◯26登●6完●11勝●勝率.550●173.1回●136三 ●防率3.53)QS 48.0%
柳裕也(中)2
(◯26登●1完●11勝◯勝率.611●170.2回●146三 ●防率3.53)QS 50.0%
小川泰弘(ヤ)1
(◯26登●2完●5勝●勝率.294●159.2回●132三 ●防率4.57)QS 34.6%

 セの防御率1位は大野の2.58、完投数は大瀬良の6が最多、投球回数は中日の大野の177.2回なので、この3項目をクリアする投手はいない。山口は残る4項目をすべてクリアしており、QS率は低いが有力候補といえよう。対抗するのは大野、今永か。

パは有原が4項目、千賀と山岡が3項目をクリア

【パ・リーグ】
山本由伸(オ)1
(●20登●1完●8勝●勝率.571●143回●127三 ◯防率1.95)QS 60.0%
有原航平(日)4
(●24登●1完◯15勝◯勝率.652●164.1回◯161三 ◯防率2.46)QS 56.5%
千賀滉大(ソ)3
(◯26登●2完●13勝◯勝率.619●180.1回◯227三 ●防率2.79)QS 53.8%
高橋礼(ソ)1
(●23登●0完●12勝◯勝率.667●143回●73三 ●防率3.34)QS 34.8%
山岡泰輔(オ)3
(◯26登●2完●13勝◯勝率.765●170回◯154三 ●防率3.71)QS 42.3%
美馬学(楽)2
(◯25登●2完●8勝◯勝率.615●143.2回●112三 ●防率4.01)QS 16.0%

 パ・リーグでも完投数、投球回数をクリアする投手はいない。有原は勝利数、勝率、奪三振、防御率の4項目をクリア。千賀は登板数、勝率、奪三振数をクリアしている。 オリックスの山岡は登板数、勝率、奪三振数をクリアしているが、防御率がよくない。

 昨年は巨人の菅野智之が7項目すべてをクリアする圧倒的な成績をあげて、文句なしの受賞だった。今季は山口が本命で、防御率、奪三振で山口を上回る有原が有力な対抗馬になるだろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)