第4戦は1日空いて13日に開催、指揮官「ひとつ勝てばわからない」

ソフトバンク 7-0 西武(CS・11日・メットライフ)

 西武が11日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で、ソフトバンクに零封負けを喫した。これでソフトバンクに3連敗。日本シリーズ進出へ王手をかけられた。自慢の強力打線もソフトバンク先発・千賀に8回2安打に封じられ、辻監督は「完敗だったね」と苦笑いするしかなかった。

 中5日で先発した千賀の前に、完璧に封じられた。この日西武打線の安打は初回に先頭の秋山が放った右前安打と、8回2死から源田がヘッドスライディングでもぎ取った二塁への内野安打の2本のみ。

 3回、4回と先頭が四球を選んで出塁したが、後続を断たれ得点することはできなかった。この日は木村に代えて左翼に栗山、指名打者にメヒアを起用する攻撃的なオーダーを組んで臨んだが機能せず、8回まで千賀に10個の三振を奪われ、まさかの零封負け。辻監督は「力みもなかったし、カットボールが厄介だった」と千賀に脱帽していた。

 先発の十亀は4回5失点でマウンドを降りた。第2戦に先発した今井も3回持たず6失点で降板しており、2試合連続で先発投手が試合を作ることができずに大量失点。連敗を止めることができなかった十亀は「チームに流れを引き戻すような投球をできなかったことが悔やまれる」とうなだれた。ソフトバンク打線を相手に、一度も3者凡退のイニングを作ることができなかった投手陣に対して指揮官は「9イニングで7回も先頭を出していれば点を取られる」と苦言を呈した。

 12日の第4戦は台風19号の影響で中止が決定しており、13日に行われる予定となっている。敗れればCS敗退が決定するが、「もう後がないし、やるしかない」と言葉に力を込めた辻監督。「この台風が運をきれいに持って行ってくれるかな。ひとつ勝てば、わからない。まだまだ諦めませんよ」と次戦を見据えていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)