西武先発の十亀は4回までに8安打を浴びて5失点でKO

西武 – ソフトバンク(CS・11日・メットライフ)

 ソフトバンクが5回を終えて5点の大量リードを奪っている。11日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第3戦。3試合連続で初回に先制すると、2回に追加点を奪い、4回には牧原が右越えの2ランを放った。先発の千賀は西武打線をわずか1安打に封じて、5回まで5点をリードしている。

 勝てば、3連勝で日本シリーズに王手をかけるソフトバンクは、この日も打線が爆発した。初回に中村晃の適時打で先制すると、2回には牧原が右翼線を破る適時打を放って2人の走者が生還。2点を追加し、前日に引き続き、主導権を握った。

 4回には先頭の内川が左前安打で出塁すると、甲斐が犠打で送って走者を二塁へ進めた。ここで牧原が西武先発の十亀から右越えの2ランを放ち、さらに2点を追加。牧原は3打席目までに安打、二塁打、本塁打を放ち、ポストシーズンでは史上初となるサイクル安打に王手をかけている。

 先発の千賀は初回先頭の秋山に右前安打を浴びたが、その後は5回まで西武打線を無安打に封じる力投。4回から5回1死にかけては4者連続三振を奪うなど、5回まで1安打2四球、7個の三振を奪い、無失点と好投している。西武は先発の十亀が次々に失点を喫し、8安打5失点でKOされて苦しい展開となっている。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)