ガルシアは第2戦でゲレーロから2ランを浴びる

巨人 – 阪神(CS・11日・東京ドーム)

 巨人は11日に行われているセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦(東京ドーム)の3回、岡本の2点適時二塁打で逆転した。

 3回には阪神が先制。梅野が左翼席への本塁打を放ち、1点を奪われた。しかしその裏、先頭の代打・若林が死球で出塁すると、1死一、二塁までチャンスを広げ、先発・青柳を引きずり下ろした。

 さらに2番手で上がったガルシアからも丸が四球を奪って満塁に。ここで4番・岡本がもう少しで柵越えという中越え2点適時二塁打。なおも1死二、三塁のチャンスで回った阿部が右前適時打。阿部の今季CS初打点となる1点を加えた。

 巨人はアドバンテージ1勝を含め、ここまで無傷の3勝。この試合で勝つか引き分けるかで6年ぶりの日本シリーズ進出が決まる。(Full-Count編集部)