1回に中村晃の中前適時打で先制

西武 – ソフトバンク(CS・11日・メットライフ)

 ソフトバンクは11日、敵地で行われている西武との「パーソル クライマックスシリーズ(CS)パ」ファイナルステージ第3戦で2回表までに3点のリードを奪った。

 1回に中村晃の中前適時打で1点を先制したソフトバンクは2回、松田の死球、内川の右前打などで1死二、三塁とし、牧原が右翼線に2点二塁打。西武の先発・十亀を攻め、リードを3点に広げた。

 西武のアドバンテージを含めてソフトバンクの2勝1敗でこの日の第3戦を迎えた。勝てば日本シリーズ進出へ王手となる一戦で、ソフトバンクが主導権を握った。(Full-Count編集部)