第2戦は西武の猛追に遭いながら勝利「1つ勝つのは本当にしんどい」

ソフトバンク 8-6 西武(CS・10日・メットライフ)

 ソフトバンクが2連勝で3年連続での日本シリーズ進出に一歩前進した。10日、敵地メットライフドームで行われた西武との「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。序盤4回まで4イニング連続で得点を奪ってリードを広げると、終盤、西武の反撃に遭いながらもなんとか押し切った。

 初回、この日スタメン復帰した中村晃の適時打で先制すると、3回には中村晃が右翼スタンドへの2ラン。4回まで毎回得点を重ねて一時は7点のリードを奪った。中盤から終盤にかけてジワジワと西武の反撃を受けて2点差まで迫られたものの、8回2死一塁から守護神の森を投入。右腕が回を跨いで1回1/3を無失点に封じて試合を締めくくった。

 大量リードを奪いながらも、追い上げられて終わってみれば2点差の辛勝。苦しみながらの勝利となり、試合後、王貞治会長は「とにかく1つ勝つのは本当にしんどい。両軍が総力戦。ウチは投手も野手も疲れているけど、乗り切るしかない」と語った。

 2連勝でアドバンテージを含めて2勝1敗としたソフトバンク。ただ、王会長には優位に立ったという認識はなし。「まだまだ。もう1つ勝たないと五分じゃない」と語り、表情を引き締めたままだった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)