先発の今井が3回途中6失点で降板、鷹に2試合連続で2桁安打許す

ソフトバンク 8-6 西武(CS・10日・メットライフ)

 西武は10日、本拠地で行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ(CS)パ」ファイナルステージ第2戦に6-8で敗れ、痛すぎる2連敗を喫した。

 先発の今井が3回持たず6失点と試合を作れず降板し、序盤から苦しい展開に。打線は4回に外崎のチーム初ヒットとなる左越えソロで1点を返し、5回には中村の適時二塁打などで一気に3点を奪って3点差に詰め寄ったが、6回に3番手・マーティンがグラシアルに2戦連発となるソロアーチを許し突き放された。

 なんとか追いつきたい西武は7回に中村の遊ゴロの間に1点、8回に秋山の右前適時打で1点をそれぞれ返し、9回には守護神・森に対して一打同点の好機を作ったが得点できず。投手陣は9日の第1戦に続いて2桁安打を許し、さらに8四球を与える大乱調。ソフトバンク打線の勢いを止めることができなかった。

 辻監督は「もう一歩だったが、前半の失点が大きかった」と序盤に大量リードを奪われたことを悔やんだ。それでも「ソフトバンクの救援陣はすごいからね。でも甲斐野とモイネロから1点取ったし、向こうも(西武打線の)勢いを感じているんじゃないか」とニヤリ。

 守護神・森をあと一歩まで追い詰めながら無得点で終わったことについては「森はさすがだね。そういうところで投げているピッチャーだから」と脱帽していたが、「ウチの増田も頑張った。9回に何か起こるかなと思って増田を使ったが、よくやってくれた。明日につながる」と前を向いていた。

 西武はアドバンテージの1勝を手にしてはいるが、2連敗を喫し黒星先行と苦しい展開となってしまった。指揮官は「3つ勝たないといけないわけだから。選手たちはいい形で粘りが出てきた」と一戦必勝を誓っていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)