初回に先制すると、2回には牧原の右犠飛で2点目を奪う

西武 – ソフトバンク(CS・10日・メットライフ)

 ソフトバンクが3回までに5点の大量リードを奪った。10日に敵地メットライフドームドームで行われた西武との「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。初回に先制したソフトバンクは2回に1点を追加すると、3回には中村晃が2ランを放つなど3点を追加し5点にリードを広げた。

 初回、いきなり2死一、三塁のチャンスを作り、この日3試合ぶりにスタメンに復帰し、工藤公康監督が5番に抜擢した中村晃の右前適時打を放って1点を先制。幸先良くリードを奪うと、2回には1死一、三塁とし、牧原が右犠飛。打球は右翼木村の前方へのライナーだったが、思い切って松田宣はスタートを切り、一気に本塁へ生還した。

 さらに3回だ。先頭の柳田が右中間への二塁打で出塁するいと、デスパイネが右中間フェンス直撃の適時二塁打を放って1点を追加。さらには、前の打席で先制打を放っていた中村晃が右翼スタンドへと飛び込む2ラン。さらに2死一塁で高谷が右中間への適時二塁打を放って6点目。西武先発の今井に序盤から猛攻を浴びせかけて3回途中でKOし、リードを6点に広げた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)