1回には亀井、坂本勇の連打から内野ゴロで先制点

巨人 – 阪神(CS・10日・東京ドーム)

 巨人が4回に追加点を挙げた。10日、阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦(東京ドーム)でゲレーロが1号2ランを放ち3-0とリードを広げた。

 4回、先頭の岡本が初球を左中間に二塁打とすると、続くゲレーロが球目のスライダーを捉えて左翼スタンドへ。阪神2番手のガルシアもあっけにとられた表情だった。

 初回には先頭の亀井、坂本勇と連打でチャンスを作り、丸の遊ゴロ併殺打の間に1点を先制。阪神は先発の高橋遥が2回1失点で降板していた。(Full-Count編集部)