9回目を数えたラグビーW杯で史上初のアクシデントだ。

 W杯日本大会は、大型の台風19号の接近により、12日に予定されている1次リーグC組のイングランド-フランス(横浜)、B組のニュージーランド-イタリア(福岡)の中止が決まった。この結果、決勝トーナメント進出の可能性があったイタリアは敗退が決定。チケットは全額返金される。

中止の場合は引き分け扱い

 

 中止の場合は、引き分け扱いとなり、両チームに勝ち点2が与えられる。中止の2試合で明暗が分かれた。

 B組3位から最終戦で逆転突破を目指していたイタリアは、中止によって勝ち点10から12となり、敗退。ニュージーランドは勝ち点14から16となりB組1位、南アフリカが勝ち点15の同2位で順位が確定した。ともに決勝トーナメント進出を決めていたC組はイングランドが1位、フランスが2位通過となった。

 12日に予定されているA組のアイルランド-サモア戦(福岡)は実施される。13日に行われる日本-スコットランド戦(午後7時45分、横浜国際総合競技場)を含めた4試合については、当日朝に判断されることになった。

・合わせて読みたい→
ラグビー・松島幸太朗 特集(https://cocokara-next.com/feature_archive/kotaromatsushima-feature/)

日本はどうなったら決勝トーナメント行ける?

 日本のA組は大混戦となっている。ライバルのスコットランドが9日のロシア戦で61-0と圧倒。勝ち点「10」とし、「14」の日本と一騎打ちの様相だ。アイルランドが残る一戦で格下サモアに取りこぼすことは考えにくく、最大勝ち点5を積み上げれば合計「16」となり、自力で突破できる。

 アイルランドが勝ち点「16」で突破すると仮定。初の決勝トーナメント進出へ残り1枠を日本がつかむには、引き分け以上なら問題なく突破。負けてもボーナスポイント(BP)も絡み、複数パターンが想定される。

 過去の対戦成績は日本の1勝10敗。最新世界ランクでは日本8位、スコットランド9位。実力伯仲で、死闘となることは間違いない。運命の一戦「日本ースコットランド」戦のシミュレーションをしてみる。

◆日本が勝利→突破

◆引き分け→突破

◆日本が負け→BP獲得次第で突破

【負けても突破できる条件】
・7点差以内で、4トライ以上を奪う
・7点差以内で、相手を3トライ以下におさえる
・4トライ以上を奪い、相手を3トライ以下におさえる

◆BPとれずに日本が負け→敗退

◆負けてスコットランドと同じ勝ち点→敗退(直接対決の結果)

◎W杯1次リーグ順位決定方法◎
各組上位2チームが決勝トーナメントに進出。勝ち=4点、引き分け=2点、負け=0点の勝ち点制。4トライ以上、7点差以内の敗戦はそれぞれBP1点が加算。勝ち点が並んだ場合は①直接対決②得失点差③トライ数差④得点数⑤トライ数で決着。ここまで並んだ場合、19年10月14日時点の世界ランク上位チームが突破。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]