前田と映画に行ったことを報告も…ファンはほっぺたを心配「早く腫れが引くと良いですね」

 女子プロ野球リーグの埼玉アストライアでプレーするみなみ外野手が、自身のインスタグラムで「凸凹デート」写真を公開。身長差23センチの前田桜茄外野手と映画に行ったことを報告したが、6日にはボールが当たって頬が腫れていることを報告していただけに、ファンからは気遣う声もあがっている。

 みなみは「day off たのしかた!! cafe>movie>shopping 久々におでかけしてリフレッシュできた」とインスタで報告。ハッシュタグでは「#映画」「#JOKER」「#休日の過ごし方」と映画を観に行ったことを報告し、「#凸凹コンビ」とも説明を添えた。オフを共にした前田は身長150センチ。身長173センチのみなみとは実に23センチも差があり、「凸凹コンビ」として度々、2ショット写真を公開している。

 投稿した写真は、どちらも「ジョーカー」の半券を持った2ショットに加えて、みなみが両頬に手を当ててうつむくものも。「#顔腫れてるの隠すの必死か(笑)」というハッシュタグも添えている。みなみは6日に「昨日ほっぺたにボール当たって腫れてるんよ(笑) 風邪?と心配していただいた皆様 ありがとうございます」と報告していた。

 ファンからは「美人姉妹さんだ」「久々の凸凹コンビデートやね」「モデルかっ」「どっちもかわい」「前田選手とホント仲良すぎ」などといった声に加えて、「早く腫れが引くと良いですね…」「ほっぺまだ腫れてるんだ 反対側をプクッてしとけば目立たなくなるぞ しもぶくれの人だと思われるけど」などと頬の腫れを心配するコメントもついていた。

 アストライアは秋季リーグで首位を走っており、優勝に近づいている。(Full-Count編集部)