CSファーストステージでソフトバンクに敗れた楽天

 リーグ3位の楽天は「パーソル CS パ」ファーストステージ第3戦で、ソフトバンクに敗れて2019年シーズンが終了した。奇しくも、前回Aクラスに入った2017年と同じ対戦相手、同じ場所での悔しい閉幕で、球団史上初のCSファーストステージでの敗退でもあった。

 しかし、若き平石洋介監督のもと、昨季最下位からの逆襲に成功したことは確かだ。振り返れば長かったシーズンの中で、思い出深い名場面も数多くある。「パ・リーグインサイト」編集部はCS特別企画として、ファーストステージではるばるヤフオクドームに訪れた楽天ファンの皆さんにアンケートを実施。「2019年ベストゲーム」と「今季のMVP」を選んでもらい、多く挙げられたものをピックアップした。

【楽天ファンが選ぶベストゲーム】

1. 8月12日のオリックス戦(楽天生命パーク宮城)
2. 4月7日のオリックス戦(京セラドーム)
3. 7月9日のオリックス戦(楽天生命パーク宮城)

○これからのチームを担う若鷲が爪痕を残した日

 岸が先発した8月12日のオリックス戦、楽天は序盤2回に先制を許して、追いかける展開に。5回にウィーラーの犠飛と銀次のタイムリーで勝ち越すものの、8回に森原が同点打を浴びてしまい、試合は振り出しに戻った。

 しかし、延長10回、2死1塁で渡邊がオリックス・ディクソンのナックルカーブを拾ってプロ初のサヨナラタイムリー。頼もしいルーキーの印象的な活躍で、チームは単独3位に浮上した。

銀次が捕手の守備位置に就き二盗を阻止

○あの「銀ちゃん」のレアなシーンはこれからも語り継がれそうだ

 4月7日、京セラドームで行われたオリックス戦は、延長12回にもつれ込んだ。まず2回、オリックスが西野の1号ソロで幸先よく先制。4回にはセーフティスクイズと楽天のミス、タイムリーなどで5-0とし、点差をつけていった。

 しかし、5回と7回に2点を返した楽天は、9回にオリックス抑えの増井を攻め立てた。3連打でさらに1点を返すと浅村、島内が連続タイムリー。土壇場で5対5の同点に追い付く驚異の粘りを見せた。

 結果的に12回まで戦って決着つかず、規定により引き分けとなったものの、9回の守備では銀次がプロ入り初の捕手を務めるサプライズも。西浦の盗塁を刺すなど、捕手登録選手顔負けの守備力を見せ付けた。

○これぞ「エースの帰還」! 誰もが待っていた大きな1勝

 7月9日、楽天生命パーク宮城のオリックス戦で、エース・則本昂がケガからの復帰登板を飾った。打線も2回、嶋のタイムリーで早々に援護し、3回にはブラッシュの3ランでリードを広げる。

 4回にも1点を加えると、後押しを受けた則本昂は圧巻の投球。初回から最速151キロをマークした直球を軸に、6回3安打6奪三振、無失点の快投でそのまま快勝。待望の今季初白星を挙げるとともに、チームの連敗を10で止めた。「やはり則本昂投手がいなければ」と多くのファンが再確認した試合だったが、それだけ大きな存在を欠きながらもAクラスに食らい付いたチームの底力に、改めて頼もしさを覚えたファンも少なくないだろう。