Full-Countの公式YouTubeチャンネルでインタビュー公開、「なぜ良い睡眠がとれないのか…」

 2015年から5年連続で2桁勝利を挙げたレッズのトレバー・バウアー投手がFull-Countの独占インタビューに応じ、睡眠についてのこだわりを明かしている。右手の薬指につけている「リング」を実際に披露し、その効果を力説。Full-Countの公式YouTubeチャンネルで独占インタビュー第3弾として公開している。

「なぜ良い睡眠がとれないのか、ずっと解明しようとしていたんだ。身につけられる最高の睡眠測定器を探していたんだ」

 睡眠に悩んでいたという右腕が披露したのは「OURAリング」という睡眠サポートデバイス。これを利用する前にはスマートフォンを使って睡眠の質を測定していたが、正確な数値な数値は期待できなかったという。

「これが今、世に出ている最も高性能なものだから使っているんだ。毎日の安静時心拍数と心拍変動、睡眠時間や睡眠の質の良さ、起床と就寝時間などがアプリと連動していてチェックできる。とても役に立っているよ」

 ときには不可解な行動で、世間を騒がせる右腕だが、独自の理論でトレーニングを行う研究熱心な男としても知られる。良質な睡眠のために最新機器を導入しているのは、いかにも“鬼才”バウアーらしいところだ。

「実はこのリングの話を全くしたことがなかったのに、元チームメートのブラッド・ミラーもこのリングを持っていて『それ僕のと似てるね』って言ったら同じものだったんだよ」

 MLBでは、アストロズのエース右腕ジャスティン・バーランダーが、1日10時間睡眠をとっているいることを明かすなど、睡眠のプレーに及ぼす影響が再認識されている。右腕も「みんなフィットベルトだったり、それぞれ違うタイプのものを使っている。みんな間違いなく興味があるんだ」と話す。約16分間の映像ではこの他にも、ソフトバンク・千賀滉大投手の分析、あの“ドローン流血事件”の真相などを明かしている。(Full-Count編集部)