「文部科学大臣杯争奪第48回全日本スカッシュ選手権大会」が11月14日(木)~17日(日)、横浜市内の2会場にて開催される。

「全日本スカッシュ選手権大会」は、4面を壁で囲まれたコートの中で、小さいゴムボールを交互に打ち合うスポーツ「スカッシュ」の全日本選手権大会だ。昨年、男子は机龍之介選手が5連覇、女子は渡邉聡美選手が2連覇を果たした。

今大会の決勝の舞台となるトレッサ横浜は、昨年に引き続き、360度から観戦できる特設の4面ガラス張りスカッシュコートを設置。今年はマスターズカテゴリーの決勝戦すべてを特設会場のガラスコートで行い、日本一をかけて選手たちが迫力あるプレーを魅せる。

開催日程・会場は、11月14日(木)~16日(土)はヨコハマスカッシュスタジアムSQ-CUBE(神奈川県横浜市港北区新羽町 462)、16日(土)~17日(日)はトレッサ横浜 リヨン広場(神奈川県横浜市港北区師岡町 700 番地)。観戦無料。なお、トレッサ横浜はバックウォール席、サイド席が有料となる。

360度から観戦できる4面ガラス張りコートで「全日本スカッシュ選手権大会」を開催

360度から観戦できる4面ガラス張りコートで「全日本スカッシュ選手権大会」を開催

360度から観戦できる4面ガラス張りコートで「全日本スカッシュ選手権大会」を開催

360度から観戦できる4面ガラス張りコートで「全日本スカッシュ選手権大会」を開催