投打がかみ合わなかった。自力優勝には、残りの試合全勝が条件だった明大。しかし、先発・森下暢仁主将(政経4=大分商)は初回に三連打を浴びで失点する。その後、森下が好投を見せるも、打線が奮わず、法大の継投策の前に零封。前カードの早大戦から3連敗で優勝へ後がなくなった。

(明)森下―西野、蓑尾

(法)朝山、鈴木、内沢、新井、三浦―伊藤

【安】(明)7(法)9

【二】(明)森下(4回)

(明)◇犠打0 ◇併殺0 ◇残塁9 ◇盗塁1 市岡(2回) ◇失策0

 勝負どころで流れをつかめなかった。0―2で迎えた8回裏、先頭打者から三連打で無死満塁とこの日一番のチャンスを作る。マウンドに立つのは法大のエース・三浦銀二(法大)。打席には「森下が投げる時は自分も力が出る」と述べる4番・喜多真吾内野手(法4=広陵)。際どい直球を見送り、カウント3−1と打者有利に持ち込む。勝負にいった5球目、高く打ち上げた打球はファーストファールフライ。後続も凡退し、好機を生かすことができず、近づきかけた流れが再び遠のいた。

 明大はこの日7安打で、そのうち2本が森下、唯一の長打も森下。「森下に頼りすぎて申し訳ない」(北本一樹内野手・文4=二松学舎大附)と打撃陣が奮わなかった。またこの試合、残塁の数は9。得点圏に強かった今春とは違い、粘り強さを見せることができなかった。

 投げては森下が初回、法大のクリーンナップに3連打を浴び先制点を奪われる。だが2回以降立て直し、直球を軸に相手打線を圧巻。中盤以降は拮抗した試合をつくり上げる。だが7回表、連打を浴びるとセーフティースクイズを決められ失点。それでも8回以降は4者連続三振と粘りの投球を見せた。

 「優勝することは簡単ではないことを感じた」(北本)。流れにうまく乗れていた今春とは違い、思うように流れに乗れず、苦しい試合が続く。「負けたら終わりくらいの気持ちで、明日法政に勝ちにいく」(北本)。まだ優勝への望みは捨ててはいない。明日こそは法大を打ち破り、勝ち点奪取につなげたい。

[下神大生]

試合後のコメント

北本

――今日の試合を終えて改善点は。

「気持ちの面で負けている感じがありますね。もっと勝ちたいという気持ちを全面に出さないと勝てないので、チーム全員で気持ちを変えていかないといけないですね」

――明日への意気込みをお願いします。

「もう後がないので、負けたら終わりというくらいの気持ちで明日の法政を倒しにいきたいと思います」

川村勇斗学生コーチ(営4=高知西)

――今日の試合を振り返っていかがですか。

「一言で言ったらもう悔しいと言うしかないですね。6連勝するしかない状況で、その1カード目の1試合目を落としてしまったので、不甲斐ないという感じです」

西野真也捕手(政経4=浦和学院)

――森下投手の投球を振り返っていかがですか。

「2ストライクまで追い込むところまでは良かったのですが、そこからボールが甘く入ってしまってヒットを打たれてしまうというのが何度もあったので、そこがバッテリーの反省点だと思います」

――なかなか投手を援護できない試合が続いています。

「ピッチャーはしっかり抑えているのですが、やはり打撃陣が自分を含めてチャンスで打てていないので、明日はピッチャーを楽にさせてあげられるような攻撃ができるようにしたいと思います」