第29代WBC世界バンタム級チャンピオン、プロボクサー・山中慎介(やまなか しんすけ)選手。帝拳ジム所属。2015年9月に9回目の防衛に成功。3月4日に10回目のタイトルマッチとしてベネズエラのリボリオ・ソリス選手を迎え撃つ。

山中選手にボクシングの魅力、10回目の防衛戦などについて話を聞いた。

その1:「神の左」は当初右打ちだった

---:山中選手は趣味が「食べ歩き」だそうですが、好きな食べ物は何ですか?

山中:う~ん(と、ちょっと考えて)、その時期にしか食べられないものですね。昨日(1月20日)も鹿児島産のタケノコ、鹿児島ではもうタケノコがでているんですよ。そのタケノコを食べたりとか、旬なものが一番。

自分は好き嫌いがないので、それを楽しめるのがいいですね。1年中食べられないっていうのがまたいいじゃないですか。この季節にしか食べられない食べ物、今なら生牡蠣なども最高ですね。

---:ウエイトの関係で食べなくても食べないものなどあるのでしょうか?

山中:ラーメンと揚げ物は(試合の)1カ月前から食べないようにしていますね。別にそういった決まりは昔は減量の幅がなかったのでしていなかったんですけど、試合が迫るにつれてなんか締まりがないなと思って。

減量もまだしていないキャリア序盤の頃ですけど、ちょっと何か自分で(決まりを)作ろうと思ったのがきっかけですね。好きなラーメンと揚げ物は止めようと決めました。

---:練習にはナイキのトレーニングウエア「ナイキ プロ ハイパークールマックスタイツ」などを使用していますね。使用感、着けると着けないで違いはありますか?

山中:気持ちよくさせてもらっています。(着ける着けないの)その感覚が逆にないっていうのが良さだと思う。それでうまいことカバーされているし、締め付けもちょうどいいし、汗をかいてもいいですしね。
---:ウエアへのこだわりを教えてください。

山中:デザインですね。

---:好んで取り入れているカラーなどはありますか?

山中:ここ最近は色んなカラーに挑戦していて、ナイキも色んなカラーを出しているのでどんどん興味があったら試してみます。

コーディネートは大事で、練習のモチベーションにもつながってくる。そういうところでも気持ちよくしてもらっていますね。

---:試合前に「怖い」という気持ちはあります?また、相手に立ち向かう勇気はどう作り出していますか?

山中:試合の直前はもう怖さは消えていますね。立ち向かう勇気というか、日々の練習の成果、自信ですね。練習をしっかりしてきた、やれることはやったっていう自信が試合への勇気につながっているのかな。

---:山中選手にとってボクシングの魅力とは。

山中:激しい攻防の中で、スピードだったり、迫力だったり、その中にケンカではないしっかりした技術が混じっているので、美しさというのもありますよね。スピード、パワーが絶対条件なので、そこから生まれてくるもの。

時には気持ちを全面にだしてがむしゃらに行く選手もいれば、鮮やかに足を使ってサークリングしながら戦う選手もいる。色々なタイプがいるので、それとも相性がありますし、それによって試合展開も変わってくる。そういった面白さがボクシングならではかなと思います。

---:次戦が3月4日に決まりました。開催地が山中選手のボクシングの原点である京都、またその日は奥様の誕生日も重なり、いつも以上に力が入ると思います。意気込みをお願いします。

山中:今ふたつ上がった京都と妻の誕生日、それだけでも十分モチベーションにはなるんですけど、今回の相手が1階級下の元世界チャンピオン。(選手としての)価値は落ちていないと思っているので、そういった相手を倒して、実力を証明したいですね。

---:試合前に家を出るとき、奥様はいつもどのように送り出してくれますか?

山中:とりあえず、大きく深呼吸していますね。もちろんヒヤヒヤするし、勝敗も大事ですけど、勝敗なんてどうでもいいと思っていると思うんです。それは何戦も言い続けていますけど、無事で帰ってきてくれたらいいっていう。両親なんかもそうなんじゃないですかね。
---:特別何かあるわけでもなく?

山中:そうですね。とはいえ、自分の試合内容はそんなに打たれて顔を腫らすタイプではないので、他の激闘型の選手よりはまだ見やすい試合ではあるかなと思うんですよね。

---:安心して頑張ってきてねって感じでしょうか?

山中:安心ではないとは思うんですが、激闘型のボクサーの奥さんよりは心境が違うのかもしれませんね。たまらないと思いますもの、自分(がその立場だったら)。同じ競技をやってますけど。

スタイル的なこともありますよね。そんなに打たれるわけでもないっていうのもある。前の試合ではピンチに陥りましたけど、そこまでほとんどそういう展開がなかったし、そういった意味で少しは安心感があるかもしれないですけどね。

---:最後に、将来的に挑戦したいことを教えてください。

山中:それは考えないようにしてますね。あまり次のことを考え過ぎても、次のことをやりたくなり過ぎたらボクシングに対して気持ちが冷めそうなんですよね。そうなったらボクサーとして終わりなんで。

で、次の試合に勝つことでまた視野が広がるし、もちろんゆくゆくはどういった形でもボクシングでお世話になったので、どういう形かわからないですけどボクシングで恩返しをしたい気持ちはあります。それがどういったことか、具体的にはまだ考えていないです。それでいいのかなって思っています。終わってからゆっくり時間がありますからね。

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

ボクシング世界チャンピオン・山中慎介、「日々の練習の成果」が勇気につながる…単独インタビュー撮影:五味渕秀行

山中慎介、9回目の防衛戦でアンセルモ・モレノと対戦(2015年9月22日)(c) Getty Images

山中慎介、9回目の防衛戦でアンセルモ・モレノと対戦(2015年9月22日)(c) Getty Images

山中慎介、9回目の防衛戦でアンセルモ・モレノと対戦(2015年9月22日)(c) Getty Images

山中慎介、9回目の防衛戦でアンセルモ・モレノと対戦(2015年9月22日)(c) Getty Images

山中慎介、9回目の防衛戦でアンセルモ・モレノと対戦(2015年9月22日)(c) Getty Images

山中慎介、9回目の防衛戦でアンセルモ・モレノと対戦(2015年9月22日)(c) Getty Images