佐々木 朗希(ささきろうき)
●守備 投手 ●身長・体重 189cm・81kg
●生年月日 2001年11月03日 ●球歴 大船渡高
●出身地 岩手県 ●投打 右右
【写真提供:共同通信社】

 10年に一人の逸材、という評価は当たっているだろう。昨年、2年時の夏の岩手県大会で初戦敗退ながら154キロを計測して渦中の人となった。

 そして、163キロの球速をマークしたのは春の侍ジャパン高校日本代表の選考合宿だった。改めて記す必要はなく、それは衝撃のニュースになった。

 今年は春から夏にかけて大船渡の試合はスカウト、メディアが大挙して押しかけた。学校側から取材に関する申し入れが行われ、早朝からファンが押し寄せ、地方球場は満員御礼が続いた。

 結局、大船渡は夏の甲子園に出ることは叶わなかった。決勝戦で佐々木は登板しなかった。準決勝で完投した佐々木を監督が起用しなかったのだ。そこへの賛否の議論で大きな騒ぎになった。

 それはともかく、ポテンシャルの高さは証明されている。
 
 フルスロットルならストレートの球速は平均で150キロ後半が可能だろう。変化球もスライダー、スプリットなどを操って三振を奪える。

 長身細目。フォームが美しい。セットポジションからプレート上で右足で立つと、左足の太ももは胸に付くほどに上がる。右手を投げ下ろして、フォローまでまったく力感がない。5割ぐらいのキャッチボールをしているかのような力の入れ具合だ。それでも150キロを軽く超えてくる。軸足がぶれずに上体が揺れなければ安定感を保つだろう。

 夏の県大会を終わってのスカウトのコメントはこうだ。

「余力を残しているので末恐ろしい。近い将来、日本を背負うような投手だということは分かりました」

「今年は彼中心のドラフト。12球団すべてが1位指名でも不思議ではない」

「投球フォームもボールもいつ見ても美しい」

 あるメジャー球団のスカウトは「今すぐにでもメジャーに行ってほしい。将来はサイ・ヤング賞が取れるだけの投手。全米1位に入る可能性はある」とまで言った。

 8月下旬に侍ジャパンU-18代表の最終合宿があり、大学代表との壮行試合に先発する。右手中指にマメを作って1回のみで降板する。その時の評価だ。

「超A級。高校時代の松坂、マー君を超えている。今プロに入れても、こんな投手はいない」 
「バックネット裏で見ると、ホップしてくる感じだった。やっぱりスピードボールは魅力。奥川とも森下とも違う。これまで見たことがない投手」

 韓国で行われたWBSC U-18ベースボールワールドカップ。絶対に負けられない韓国戦の大一番を任された。しかし、神宮での試合同様にマメをつぶして1イニングだけで降板した。試合も直接の敗因ではないが、サヨナラ負けを喫した。

 直近2試合でいろんな見方が出てきてもおかしくない。韓国での登板は前日から何回かブルペンで準備をしていて球数も増えたという。2試合はリリースポイントが明らかに散らばった。マメができやすい、大一番で通用するのか。甲子園という大舞台を経験していないなどなど。そしてメンタルはタフなのか。まだ当然ながら、ガラスのエースだ。

 ドラフトで抽選くじを引き当てた球団は育てきれるか興味深い。それは年月が経たないと答えは出ない。だからドラフトはおもしろいのだ。

(文・清水岳志)