29日、中山競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(ダ1200m)で1番人気、C.ルメール騎乗、ロフティーピーク(牝2・栗東・武幸四郎)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にレイテントロアー(牡2・美浦・田中清隆)、3着にサツキマス(牝2・美浦・田島俊明)が入った。勝ちタイムは1:12.7(良)。

 2番人気で三浦皇成騎乗、コパシーナ(せん2・美浦・伊藤圭三)は、6着敗退。

【新馬/阪神3R】ショウナンナデシコが7馬身差で圧巻の勝利

母は福島牝馬S勝ちのロフティーエイム

 1番人気に支持されたロフティーピークが人気に応えて嬉しいデビュー勝ちを決めた。スタートからダッシュよく先行しスムーズに流れに乗ると、直線でも抜群の手ごたえであっさりと抜け出した。後続に迫られることなく難なく押し切った。

ロフティーピーク 1戦1勝
(牝2・栗東・武幸四郎)
父:ヘニーヒューズ
母:ロフティーエイム
母父:サンデーサイレンス
馬主:サンデーレーシング
生産者:追分ファーム