TEAM
慶 大10
東 大
(慶)○森田晃、増居、髙橋亮―郡司、福井
◇(二塁打)下山、正木(本塁打)福井1号ソロ(4回)

 東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)東大2回戦。勝てば今季1つ目の勝ち点を手に入れられる慶大。打順を大幅に入れ替えた打線で、おのおのが役割を確実にこなした。序盤に3点を奪うと4回には福井章吾(2年)のソロ本塁打、さらに5回には打者一巡の猛攻を見せるなど次々に点を重ねる。守りでも先発の森田晃介(2年)が6回無失点の好投。10-0と大差をつけて快勝し、実力を見せつけた。

 1回戦では東大に先制を許したが、この日は慶大が先取点を奪う。初回から1番・下山悠介(1年)の中前打、続く中村健人(4年)の左前打で好機をつくる。その後5番に座った正木智也(2年)に中前適時打が飛び出し2点を先制した。組み替えた打順がうまく機能し、試合を一気に慶大ペースへと引き込む。2回には下山の適時打で1点を追加。この日3安打2打点を記録した下山は、春季リーグ戦に引き続き1年生ながら実力を存分に発揮した。


1番に抜てきされ、3安打2打点の活躍を見せた下山

 4回には福井が3球目のスライダーを捉え、右翼ポール際にソロ本塁打をたたき込むと、その後も攻撃の勢いを強めていく。打線の力強さを最も発揮したのは5回。下山が内野安打で出塁すると、柳町達副将(4年)、正木、小原和樹(4年)にそれぞれ適時打が飛び出し打者一巡の猛攻を見せる。プロ志望志望届を提出している柳町は、今季初安打を記録し、観客から安堵(あんど)の歓声が上がった。

 一方の守りで活躍を見せたのは、昨秋以来、約1年ぶりに先発のマウンドに上がった森田晃だ。スピードのある直球に、スライダーやツーシーム、スプリットなどを効果的に交え6回4安打無失点に抑える。初回を三者凡退で抑えたところから、テンポの良い投球でチーム全体に流れをつくった。続けて登板した増居翔太(1年)、髙橋亮吾(4年)の両救援も無失点で東大打線を抑える。完封リレーで試合を締め、慶大投手陣の充実ぶりを見せつけた。


6回無失点と好投し、1年ぶりに先発白星を挙げた森田晃

 1回戦同様、大差をつけての完勝。開幕連勝を飾り、これで今季1つ目の勝ち点を手にした。打線が確実に機能し、13安打10得点と東大を圧倒。また大量リードを奪いながらも、先発・森田をはじめとした守りでも安定感を見せ、無失点で抑えたことに強みを感じる。投打のかみ合いを保ったまま、昨年の春季リーグ戦以来、3季ぶりの優勝を狙いたい。

(記事 吉田美結、写真 姉﨑珠有、土生諒子)