秋季リーグ第2戦目の相手は法大に勝利し勢いがある慶大。第2QにFW久保庭昌太郎(営3=天理)が先制ゴールを決めると第3QにFW加藤大椰(文2=今市)、FW松原哲志(営1=石動)が続き3−0で勝利を収めた。

 第2Q。開始4分に「パスをもらった時点で打てば入ると思った」(久保庭)と上手く回ってきたパスを久保庭がつなぎ先制。「前半をリードして終わることができたのは大きかった」(MF舘亮佑主将・政経4=丹生)と幸先のよいスタートを切った。

 後半からも「各々が自分の役割をわかっていた」(久保庭)と相手のペースに飲まれることなく主導権を渡さなかった。「相手のマークは甘かった」と持ち味のパスホッケーを発揮。積極的に相手陣地に切り込み、プレッシャーをかけた。第3Qには加藤、松原がゴールを決め2点を追加。「結果を出してくれた」(小池文彦監督)と下級生の活躍に指揮官も太鼓判を押した。前試合で課題を残したDF陣は疲れの影響もあり中盤に相手へのマークが甘くなってしまう場面もあったものの、なんとか封じ込め無失点。前回の反省を生かした試合となった。

 次戦は手強い相手となりそうな法大。「今まで通りのプレーをすれば勝てない相手ではない」(小池監督)。いかに相手を勢いに乗せず明大のホッケーができるかが勝利へのカギとなる。今回の勢いそのままに勝利をつかみたい。

[都甲可奈子]

試合後のコメント

小池監督

――試合を振り返っていかがですか。

 「春の慶應と違って縦の動きにスピードが付いてきて苦戦すると思っていました。案の定苦戦して、立ち上がり押し込まれるケースもありましたけれど1点入れてからはうちのペースになってきたかなと思います」

――前回の試合からどう過ごしてきましたか。

 「セットプレーは強化していて色々なセットを作っていますがまだまだ精度が低いので今後調整しながら修正していきたいです」

――後半戦は序盤から攻めていました。

 「前半に1点決めたことで楽になりました。失点をしないことを前提としていたのでしっかり気持ちを前にしてやれたかなと思います」

久保庭

――今日の試合を振り返っていかがですか。

 「前回の駿河台大戦で1点目が入った後の雰囲気が悪かったのですが、今回は3得点で、多くはありませんが攻めることができていましたし、雰囲気はすごく良かったと思います」

――慶大のDF陣の印象はいかがでしたか。

 「結構ついてきたのですがFWが顔を出してMFと組めば崩せると話していました」

――次は法大です。意気込みをお願いします。

 「法政だからという考えではなくて自分たちのホッケーができたらどこが相手でも良い勝負になるし勝てると思います」