TEAM
東 大
慶 大13
(慶)髙橋佑、○津留﨑、生井、石井―郡司
◇(二塁打)小原、郡司、瀬戸西、植田響(三塁打)嶋田

 3季ぶりの東京六大学リーグ戦(リーグ戦)優勝を目指す慶大は、4季ぶりのリーグ戦勝利を狙う東大との一戦に臨んだ。2回に2点を奪われ先制されるも、直後の攻撃で1点、さらには3回に3点を加え逆転に成功。その後は相手投手を攻め立て、終わってみれば13-4の大差で勝利を収めた。

 慶大先発はリーグ戦通算14勝を挙げている髙橋佑樹(4年)。初回は3者連続三振と上々の滑り出しをみせるも、2回には連打の後、自らの暴投で先制を許してしまう。さらに適時打でもう1点を失い、その後も1死満塁とピンチは続く。ここで相手打者が放った浅い左飛で三塁走者がスタートを切った。ところがこの走者を左翼手・正木智也(2年)が好返球で補殺。相手に傾いた流れを堅い守備で断ち切った。追い付きたい打線は直後の攻撃。郡司裕也主将(4年)が四球で出塁すると、小原和樹(4年)の右前打でつなぎ1死一、二塁の好機を演出する。ここで7番・嶋田翔(3年)が真っすぐを左前にはじき返し、郡司が生還。すぐさま1点差に詰め寄った。

 3回表を髙橋佑が三者凡退で抑え、流れに乗りたい慶大。その裏の攻撃で2死から正木、郡司が四球、さらに中村健人(4年)の打球は相手野手の失策を誘い、2死から満塁の好機をつくる。ここで迎えるのは前の打席で安打を放っている小原。2ボール2ストライクに追い込まれてからの5球目、外角変化球を捉えた打球は右翼手の横を抜ける。スタートを切っていた走者三人がかえり、逆転の3点適時二塁打となった。


走者一掃の逆転適時二塁打を放った小原

 その後勢いに乗った慶大は5回以降、郡司や嶋田、瀬戸西純(3年)や植田響介(3年)などに適時打が飛び出し、総計10安打13得点の猛攻。投手陣も髙橋佑、4番手・石井雄也(4年)がともに2失点を喫したものの、2番手・津留﨑大成(4年)は2回を無失点。3番手の生井惇己(1年)はリーグ戦初登板ながらも自己最速タイの148キロをマークし、相手打線を無失点で封じ込めた。


リーグ戦初登板で2回を無失点に抑えたルーキー生井

 投打ともに相手を圧倒し、今季初戦を大勝で飾った慶大。スタメンだけではなく、控え選手の層の厚さを感じさせた試合であった。一つ不安があるとすれば、髙橋佑の状態だ。初戦ならではの硬さもあっただろうが、球数を要し4回81球という内容で降板したことには課題が残る。巨大戦力の中でエースが本来の状態を取り戻すことができれば、リーグ戦制覇に大きく近付くはずだ。

(記事 足立優大、写真 杉崎智哉、手代木慶)