◆令和元年度 新人戦サマーステージ決勝リーグ◆

9月5日 対慶大 フクダ電子フィールド

1年生にとって初めての大舞台。立教αは圧倒的な強さで勝ち進み、決勝に残った。

まさに無敵。決勝リーグ1回戦対東洋大で8-4と好スタートを切る。準々決勝の相手は昨年立大に勝利し、優勝を果たした日体大だ。

1Qは取って取られての接戦。ドローで折り返した2Q、後半8分、9分と続けて#1ジョーンズ(文1)がシュートを決め、5-3でコマを進めた。今大会最大の山場を越えた立大αは、乱れることなく準決勝の対桜美林大・玉川大戦に6-3で勝利。決勝の慶大戦に挑んだ。
試合開始1分、#3大石(営1)のシュートから立教の攻撃に火が付いた。その日絶好調の#6桑木(社1)がドローを制し、相手を圧倒。素早い連携で次々とパスをつなぎ、あっという間にゴール前へと運んで行った。1Qで5得点を挙げ、相手を1点に抑えると、応援席のボルテージは最高潮に。また、#1ジョーンズの得点後のパフォーマンスは圧巻だった。

迎えた2Q後半、慶大が反撃に出る。その勢いは止まらず、残り1分と短い時間の中で3点を許してしまう。しかし、3点差を守り切り勝利を収めた。


得点を決め、喜ぶ選手たち

2年ぶりのサマーステージ優勝。本大会MVPに選出された#1ジョーンズは今後へ向けて「リーグ戦で日本一。全日本で日本一。」と意気込んだ。ULTIMATESの日本一を後押しする大きな一歩になったに違いない。

(9月16日 佐藤美春)