応援席は紫に染め上がり、タテジマの放つ快音とともに大歓声が神宮をつつむ――。待ちに待った秋季リーグ。開幕戦から立教健児は勝ち点を掴みに躍進する。
初日に対戦するのはオレンジのタレント集団・法大だ。春は5位に沈む悔しい結果だったものの、ラストシーズンを締めくくる実力派の選手たちが名を連ねる。1年前優勝を果たした当時の指揮官・青木監督も復帰。再集結した顔ぶれの“結束”が試される法大と、リーグ中位からの“打破”を狙う立大。今後の方向性を指し示す大一番がはじまる。


法大主将の福田

意地のバットが猛威を振るう。昨季の打撃成績総合トップ10には法大の4年生打線が名を連ねた。5試合連続本塁打を放った安本(4年=静岡)、長打力が持ち味の主将・福田(4年=大阪桐蔭)、大型スタメンマスクの伊藤(4年=中京大中京)、侍ジャパン大学代表の宇草(4年=常総学院)の4人がランクイン。昨季は4者ともに3割半ばの打率をキープしている。他にも開幕早々猛打賞の目まぐるしい活躍を見せた毛利(4年=愛工大名電)など、最後の秋を迎えた値千金の強打者たちが十分すぎる攻撃力を武器に猛威を振るってくるだろう。
われらが立大も、同じくラストシーズンを迎える名投手・田中誠(コ4=大阪桐蔭)、手塚(コ4=福島)などの意地の投球で迎え撃つ。より一層熱を帯びた攻防が、私たちを楽しませてくれるだろう。


先発での登板が予想される高田

加えて特筆すべきは、継投策が光る投手陣ではないだろうか。先日行われた対早大戦は、2試合ともまさかの零封で試合を終えた。エース投手・三浦(2年=福岡大大濠)はクローザーでの活躍を任せられ、先発を鈴木(3年=常総学院)、高田孝(3年=平塚学園)が務め上げる。ほかにも経験豊富な朝山(4年=作新学院)や変速左腕・新井(4年=折尾愛真)などがマウンドに上がり、連日盤石リレーを繋いでいった。立大ナインには、様々な球に臨機応変に対応できる打撃が期待される。

立大打線が爆発し、圧巻の2試合連続勝利を収めた昨季の法大戦。夏を越え、藤野立教にとって最後の秋が始まろうとしている。「これから起こることはすべて最後だと感じながら毎日過ごしています」(藤野・営4=川越東)。優勝に向かってまず1勝、六大学の頂点を掴むべく勝ち点「1」を獲りに行く。

(9月20日・文/𠮷岡麻綾)