第4弾は、副将、打者として立大を引っ張る2人。チームのムードメーカー・江藤(済4=東海大菅生)と、立大の守備職人・笠井(済4=桐蔭学園)の素顔に迫りました。

◇江藤選手(済4=東海大菅生)×笠井選手(済4=桐蔭学園)◇

ー春季リーグを振り返って一言で表すといかがでしたか
(江藤)苦しいシーズンでした。最初ケガをしていて初戦の慶大戦に出られなかったこともありますし、1カード目、2カード目でカードを落として、ほぼ優勝は厳しい状況となってしまったので、モチベーションも含めて厳しいシーズンでした。
(笠井)苦しいシーズンでした。チーム的にも個人的にも苦しかったです。チームでは勝ちきれない試合が多く、個人でも打てないときが多くて、苦しかったです。

ー副将目線で春季リーグを振り返っていかがですか
(笠井)やることは変わらないので、いつも通りといえばいつもどおりでした。ですが、最上級生として責任感を感じることはありました。

ー責任を感じながら春季リーグで意識したこと
(江藤)後輩がやりやすい環境を作ることと、締まったチームの雰囲気を作れるように笠井や田中誠(コ3=大阪桐蔭)と声を掛け合ったりしました。ただ、副将だからやっているというわけではないです。守備面では笠井と一緒にセンターラインを守っているので、自分たちのプレーで後輩たちが何か得るものがあってくれたらなと思っています。
(笠井)普段の練習から「自分が最上級生で引っ張っていく」という意識はありました。チームがダメだったときにも4年生になる以前に抱いた感情とは違う感情がありました。

ーお二人の中で春季リーグ一番印象に残った試合はありますか
(江藤)法大2回戦です。リーグ戦で打線が爆発して打ち合って勝つ立大は珍しかったです。いつもは田中誠が抑えて勝つことが多かったためです。珍しく野手が打った試合でしたね。あのような試合で立大は打撃もできることがわかりました。
(笠井)法大戦ですね。2回続けて勝つことができて勝ち点を取れたので、チームの中でも気持ちよくできた試合だったのかなと思います。

ー悪かった印象の試合はありますか
(笠井)慶大の1回戦目です。どのチームも新体制になったばかりの試合で、自分達の実力を計る場でした。その時に負けてしまい、「自分達の実力はこんなものか」と力の差を感じた試合でした。
(江藤)明大戦です。エース・森下(4年=大分商)に打ち勝てれば何とか勝ち抜けられる試合だったので、あの試合は取りたかった試合でした。

ー春の成績を踏まえて、個人的に改良した点はありましたか
(笠井)色々取り組んではいますが、バッティングはタイミングなど、うまくいっていないです。考えれば考えるほどうまくいかないですし、秋は思い切ったスイングをしたいです。
(江藤)打撃面では笠井と藤野が「打てていない」と結構言われていました。自分はあまり言われてこなかったので、キャンプはあまり悩むことなくできました。調子はいつも通り、少し良くなってきた感じです。リーグ戦まで続けばいいと思いますが、あまり考えずにやっていきます。

ーチームの雰囲気はいかがですか
(江藤)オープン戦は勝ったり負けたりしていますが、だらしない試合はないです。オープン戦が終われば最後のリーグ戦ですし、4年生だけで見たら気持ちを楽に持ってできるのではないかと思います。

ーラストシーズンという実感がありますか
(江藤)みんな人が良くて、みんなと野球できる時間が楽しいと思える4年間でした。野球をやっているなかでそのようなことを感じたことはあまりなかったのですが、立大にきて感じることができました。まだみんなと野球したくて、リーグ戦がまだきてほしくないという気持ちもあります。
(笠井)僕も同じです

―大学野球が終わることに関して、ある意味野球人生の大きな「節目」となると思いますが、大学野球に対して特別な感情はありますか
(笠井)高校の時は縛られている印象が強くて、大学では高校に比べて縛られていない。さっき江藤が「みんなと別れるのがつらい」と言っていましたけど、同じ気持ちですね。
(江藤)高校の時は携帯も使えず、練習も半ば強制、先輩は怖く、洗濯もしなければいけない生活でした。それに比べたら今はとても楽しいですよね。

ー秋に向けてチームで徹底していることはありますか
(江藤)優勝したいという気持ち
(笠井)バッティングではセンター方向への安打を練習していて、それがだいぶできてきたと監督は感じているので、その次の甘い球を長打コースに持っていくことを練習しています。鋭い変化球が来た時に望みのない空振りをする選手が春は多くて、野球の基本がセンター返しなので、それを意識しています。

ー秋で一番怖いチーム
(笠井)同じです。投手陣が脅威なので、そこを倒すことがいちばんです。
(江藤)慶大と明大には勝たないといけないです。立大が苦手なチームでもあるので、そこには準備したいです。

ーチームの目標と個人の目標
(笠井)チームでは優勝することが一番の目標です。個人としてはノーエラー、打撃は謙虚に2割5分です
(江藤)チームでは同じく優勝で、個人はどんな形であれ、最初で最後のベストナインを取りたいと思います。

江藤勇次(えとう・ゆうじ)(写真=左)1997 年 5 月 30 日生まれ。経済学部4年。右投左打/遊撃手/東海大菅生/179 ㌢ 73 キロ。笠井皓介(かさい・こうすけ)1997年 10 月 13 日生まれ。経済学部4年。右投左打/遊撃手/桐蔭学園/173 ㌢ 68キロ。副将も務める経済学部コンビ。だが、学科が異なるため、一緒に授業を受けることは少ない。

(取材・内村彩香、山口史泰/編集・山口史泰)