<写真・賞状を囲み記念撮影する部員たち>

   9月19日、龍谷大学体育館深草キャンパスにて関西学生バドミントン秋季リーグ戦第5戦(対龍大)が行われた。

   第1シングルスでは、戸内(人3)が西日本シングルス覇者の田中(龍大)と対戦。フルセットの末勝ち切り、西日本インカレのリベンジを果たした。続く第2シングルスの福原(社4)はシャトルに全力で食らいつくも、ストレート負け。だが第1ダブルスの鍵谷(人4)・平岡(国2)ペアが、ファイナルに持ち込んだ末、辛くも勝利。優勝に大手をかけた。第2ダブルスの西原(国4)・川波(社3)ペアはシーソーゲームを制し切れず、今季リーグ初の黒星。勝負を託された第3シングルスの田中(人1)は第2ゲームで本領発揮も、ストレート負けしチームは2-3で敗北。春より順位を1つ上げた2位で、秋季リーグ戦は幕を閉じた。

本日の結果

S1戸内☆2ー1

S2福原★0-2

D1鍵谷・平岡☆2ー1

D2西原・川波★0-2

S3田中★0-2

試合後のコメント

鍵谷由輝主将「あと一歩のところで優勝を逃し、とても悔しい。第1シングルスでは戸内がどちらが勝ってもおかしくない状況で勝ち切り、チームにいい流れを持ってきてくれた。第2シングルスは、追いつきそうな場面で流れを引き寄せることができなかった。第1ダブルスは1ゲーム目を大差で落としたが、そこで開き直ることができた。第2ダブルスは序盤はリードしたものの、相手の方が戦い方を知っており、それを保ち切れなかった。第3シングルスの田中は相手の方が強いことは分かっていたが、最後まで向かっていく姿勢を見せてくれた。これから実践的な練習を重ね、全日本インカレは去年の結果を越える、ベスト4を目指す」