写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

大会3日目となる9月17日、混合ダブルス2回戦までと女子団体決勝までが行われた。

戸上隼輔(9月世界ランキング142位・野田学園高校)/芝田沙季(同27位・ミキハウス)と宇田幸矢(同84位・JOCエリートアカデミー/大原学園)/加藤美優(同25位・日本ペイントホールディングス)の両ペアがベスト16に進出した。

一方で女子団体は、準決勝で難敵チャイニーズタイペイに快勝したが、決勝で中国にストレートで敗れ準優勝となった。




写真:平野美宇(日本生命)/提供:ittfworld

大会4日目の9月18日は男子団体戦の準決勝、決勝および混合ダブルスの準々決勝までが行われる。また、女子シングルス1回戦と男子ダブルス1回戦も行われる。

男子団体見どころ




写真:神巧也(T.T彩たま)/提供:ittfworld

準決勝:日本 – 中国

日本男子は、準決勝で中国と対戦する。

初戦となったインド戦では、張本智和(同5位・木下グループ)、吉村真晴(同60位・名古屋ダイハツ)、神巧也(同92位・T.T彩たま)の3選手でオーダーを組んだ日本。張本が敗れる波乱はあったが、吉村と神が活躍を見せ準決勝に進出。

王者・中国に勝つためには張本の爆発力が必要不可欠だ。先手を取って、少しでも中国にプレッシャーをかけたい。許昕(シュシン・同1位)を筆頭に選手層の厚い中国との対戦は熱戦間違いなし。試合は日本時間12時開始予定だ。

混合ダブルス見どころ

3回戦

戸上隼輔/芝田沙季 – PRAMUDYA Arfan Seina/WIDARAHMAN Novid(インドネシア)
宇田幸矢/加藤美優 – MAMONTO Syahrizal Nauval Akbar/AMINAH Siti(インドネシア)

3回戦に勝ち上がった日本ペアは2組とも地元・インドネシアペアと対戦する。戸上/芝田は17日の初戦で苦戦する場面も見られたが、激戦を乗り越えた勢いそのままに勝ち進めるか注目だ。

女子シングルス見どころ

1回戦

芝田沙季 – SAWETTABUT JINNIPA(タイ)

日本女子は芝田のみが1回戦からの登場となる。芝田はタイのSAWETTABUT JINNIPA(同248位)と対戦となる。落ち着いて実力を発揮し、翌19日の2回戦進出を決められるか。

文:ラリーズ編集部