厳しい船出となった。ついに開幕を迎えた東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)。先発の早川隆久(スポ3=千葉・木更津総合)は4回に先制を許したものの、粘りの投球で最少失点に食い止めた。一方の打線はエースの好投を援護できず。法大の小刻みな継投策を前に9回散発3安打無得点。6回には好機の場面で加藤雅樹主将(社4=東京・早実)が併殺に倒れるなど拙攻が目立った。

先発のマウンドに上がったのはエース早川。初回は三者凡退に打ち取る上々の立ち上がりを見せた。試合が動いたのは4回。簡単に2死とした後に安打と四球でピンチを招くと、打席には8番・相馬優人(4年)。5球目、低めのスライダーを拾われると打球はぐんぐんと伸びて右中間へ。これが適時二塁打となった。しかしその後は「丁寧に」との意識通り、緩急自在の投球を披ろう。強力法大打線を相手に追加点を許さなかった。8回から登板した2番手・今西拓弥(スポ3=広島・広陵)も得点圏に走者を背負いながらも、要所を空振り三振に切って取り無失点でしのいだ。

7回1失点と好投した早川

その一方で打線は沈黙。フライアウトに打ち取られる打席が多く、なかなか得点圏に走者を進められない。5回まで攻撃のリズムをつかむことができなかった。そんななか1点ビハインドで迎えた6回。この回から代わった法大2番手・石川達也(3年)の制球が安定しない。連続四球をもらい1死一、二塁の好機が生まれた。打席には昨季12打点の主砲・加藤。ここでも石川の制球が乱れ、わずか3球で3ボールとなった。「頭の中にフォアボールがちらついていた。(カウント3ー2になってからは)何でもかんでも打ちにいってしまった」(加藤)。ファウルで粘った末に見逃せばボールかという11球目に手を出すと、打球は無情にも二塁手の正面へ。痛恨の併殺打になってしまった。「迷いのあるスイングだった」。天を仰ぎ、悔しそうな表情を浮かべた加藤。試合後には「唯一逆転できる好機だったのに、本当に悔しい」と吐露した。

6回、絶好の好機で二ゴロの併殺に倒れる加藤

「紙一重だった」(加藤)。確かにスコアは0-1と接戦だ。しかし、法大の放った総安打が9本であるのに対し、早大はわずか3本。特に1番から4番までの上位打線が無安打に終わったのは喫緊の課題だろう。また何とかつかみ取った好機をつぶした6、7回、早大ベンチには重たい空気が漂った。「誰か一人が明るく『切り替えていこう』と言えなければ」(早川)。あすの2回戦でも負け、勝ち点を落とせば、早くも優勝戦線から大きく後退することになる。「優勝に向けて、執念を燃やしていく」。加藤は開幕直前にこう語っていた。まずはあすの試合を勝利で飾り、『執念』を見せてほしい。

(記事 望月清香、写真 今山和々子、島形桜)