令和最初の秋季リーグが開幕した

つい先日までの暑さはどこへやら、すっかり秋の様相を呈する大井ホッケー競技場で、令和最初の秋季ホッケーリーグ戦が開幕した。相手は春季リーグ第2戦でも戦い、昨春4位の法大。第1Qは13分にPCからDF飯室隼(経2・慶應)が得点し、慶大が先制する。しかし続く第2Qでは法大にPCを与えるとそのまま失点。さらに第3Q6分にも追失点を喫するが14分、サークルインしたFW前多亮佑(経3・慶應)からボールを受けたFW竹内佑太(政4・慶應)が見事なシュートで同点にこぎつけると、最終Q2分、4分に立て続けに得点し一気に2点差をつけた。その後試合終了まで守りきり4−2で勝利を収めた。

令和元年関東学生ホッケー秋季リーグ Aプール

9/14(土) 14:45試合開始 @大井ホッケー競技場ノースピッチ

 第1Q第2Q第3Q第4Q合計
慶大
法大

スタメン

GK 小川慶人(経2・慶應)

DF 望月慎之介(経3・慶應)、安田武大(政3・慶應)、片岡賢治朗(経3・慶應)、飯室隼(経2・慶應)

MF 吉川大地(政4・慶應)、田畑智哉(政2・慶應志木)、中山正暉(経2・慶應)

FW 竹内佑太(政4・慶應)、前多亮佑(経3・慶應)、村上慧(法2・慶應)

来年の東京五輪でも使用されるこの記念すべき競技場で迎えた初戦。これまで使用したことのない場所ゆえ、いかにいつも通りに戦えるかがポイントだ。


飯室がPCから見事得点した

第1Q。開始から法大にボールの支配権を奪われるとサークルインが困難な状況が続く。後半はなんとかパスでつなぎMF中山正暉(経2・慶應)らがサークルインを積極的に狙うなど、敵陣プレーの時間が増えると13分、ついに最初のPCを獲得。ストップされたボールをまずはMF吉川大地(政4・慶應)が打つと、それを受けた相手DFの取りこぼした球をDF飯室がシュートし見事先制点に。慶大は1点リードで第2Qを迎える。

第2Qは厳しい戦いを強いられた。先制しながらも流れを引き寄せられず、法大にボールを奪われ続け、7分にはついに法大にPCを与えると、ストレートのシュートがゴールの角に吸い込まれ失点を喫する。同点となってしまった状況でなんとかボールを奪おうとする慶大であるが、ボールはすぐに法大の手に回りチャンスメイクできない。もどかしい時間を過ごしながら前半を折り返した。


竹内はこの試合で2得点を挙げた

リードしたい第3Q。序盤こそ敵陣プレー時間が長かったものの、だんだんと自陣でのプレーを強いられると6分にサークルインを許し、そのまままたも失点、1−2に。取り戻したい慶大は攻撃の機会を伺いつづけ、ついに第3Q終了間際、法大からMF中山がボールを奪う。それをFW前多へパスするとサークルインしてFW竹内がサークル左端から華麗にシュート。見事に追加点とし、同点で最終Qへ突入する。


2年生の田畑も冷静に追加点に貢献

運命の第4Q。ボール主導権を握った慶大は、開始わずか2分でMF田畑智哉(政2・慶應志木)が外れたシュートのこぼれ球をすかさず押し込み得点。さらに直後、MF吉川のボールを受けたFW竹内がフィールドゴールを決め、2得点リードを作る急展開を見せる。6分にはPCを獲得するもここは決められず。また後半は法大のサークルインが多く見られたが堅く守りきり、慶大は4−2でこの試合を制した。

失点しても冷静に、「自分たちの戦い方を貫いた」(塚本主将)ことが今回の勝利を導いた。次戦を戦う明大には、春季リーグで6点差をつけられ敗戦した苦い記憶がある。次こそ、今年の慶大の持ち味である得点力を見せつけて、目標であるリーグ優勝に向け勝利をつかんでほしい。

(記事:津田侑奈/写真:澤田夏美、小嶋華、林亮佑)

次戦 9/21(土) VS明大

17:20 試合開始 @大井ホッケー競技場サウスピッチ

◎関東学生ホッケー春季リーグ Aプール 星取表

 慶大明大法大駿河台大勝ち点得失点差
慶大×9/21◯4−29/29
明大9/21×9/299/15
法大●2−49/29×9/22−2
駿河台大9/299/159/22×

以下、コメント

塚本大吾主将(法4・慶應)

──今日の試合を振り返って

結果として勝てて良かったと思います。先制点を取った後1回ひっくり返される展開で苦しい時間もあったのですが、自分たちの戦い方を貫いた結果勝てたと思うのでその点が良かったと思います。

──大事な初戦でしたがどのような準備をされましたか

相手の対策ももちろんしたのですが、基本的には自分たちが夏の間ずっと練習してきたことを出そうといって臨みました。

──今日はどのようなゲームプランで臨まれましたか

最終的にリーグ戦優勝を目指しているので、まずは初戦しっかり勝とうと話していました。その中でも3点差つけて勝てればプール戦も楽に突破できると思うので、3点差つけるということを目標にしていました。

──今日の勝因は

自分たちの戦い方を貫いたということに尽きるかなと思います。今年は得点力に自信を持っていて、相手に2点入れられる展開だったのですが、自分たちの自信があるところをしっかり出せたかなと思います。

──自分たちの戦い方というのはどのような戦い方でしょうか

カウンターという表現をしているのですけれども、しっかり守ってそこから素早い攻めで得点をしていこうという形です。

──来週の明大戦への意気込みをお願いします

春に大敗している相手なので、しっかり準備をして臨みたいと思います。

竹内佑太(政4・慶應)

──今日の試合を振り返って

秋は優勝を目指していて、そこに向けて今日は3点差以上つけて絶対勝つというのが目標だったので、点差は達成できなかったんですけど、勝つという結果を得られて凄く満足しています。

──3Q、リードを許し苦しい場面での同点ゴールでした

自分のところにFWの前多から良いパスが来て、あとはキーパーとの一対一だったので、日頃練習してる成果をしっかり出して、あそこで流れを持ってこられたのは良かったかなと思ってます。

──4Qではリードを広げる貴重な追加点も決めました

あれは身体が勝手に動いたというか、ゴールを決めることしか頭になかったので、そこがしっかり結果に繋がって良かったかなと思っています。

──初戦に向けてどのような準備をしていましたか

特にやはり決定力の部分は凄く意識していて、慶應の毎年の課題となっているので、そこが今回の試合でしっかり4点取るという結果で出たのが凄く良かったかなと思います。今後も大量得点でしっかり勝っていければ良いかなと思っています。

──ラストシーズンへの意気込みをお願いします

自分はラストのシーズンなので、ここでしっかり優勝という結果を出して、後輩たちに良い経験を残していけたら良いと思っています。

田畑智哉(政2・慶應志木)

──試合までに取り組んできたことは

夏の間は明確に目標を立てて、練習試合をたくさんやりましたし、遠征でも結果を残せてきたので、今回は同じようにやることだけ頑張りました。

──今日の試合を振り返って

試合前はこれまでやってきたことを出すだけだと思っていたので、それほど緊張や気負いはしなかったのですが、実際に試合をやってみると点を取られて不安になりました。でも最後まで練習でやってきたことを続けたら勝てたので良かったです。

──ご自身の得点シーンを振り返って

あれも練習でやってきたことがそのまま形になって出てきたので良かったです。

──初めて大井ホッケー場でプレーした感想は

自分たちがいつも練習しているグラウンドと違ってやりづらかったのと、観客席が大きくて声援がよく届いたので良かったです。

──来週の明大戦への意気込みをお願いします

春にぼろ負けしているのでリベンジしたいです。