大谷は14日にロサンゼルス市内の病院で「分裂膝蓋骨」の手術を受ける

 12日(日本時間13日)にエンゼルスから突如発表された大谷翔平投手の左膝手術。「分裂膝蓋骨」の処置を行うための手術で全治までは術後8週間から12週間を要する見込みだ。これにより大谷の今季の戦いは終了。14日にロサンゼルス市内の病院で手術を受け、来季に向けてリハビリを行なっていくことになる。

 15試合を残した段階で、手術に踏み切ることになったのは何故か。プレーオフ進出の可能性が消滅したことはもちろん、電話会見でビリー・エプラーGMはその理由を明かしている。

「トミー・ジョン手術のリハビリが完了してからも考えましたが、今回の手術を担当するエラトラッシュ医師とブライアン・ショルツ医師に相談し、ショウヘイとメディカルスタッフとも話し合い、投球を進める上で影響がないように、今手術を受けた方がいいと考えました」

 今季、打者としての出場を続けながら、投手としてのリハビリを並行して進めてきた大谷。キャッチボールの強度を上げ、ブルペンでの投球練習も重ねてきた。徐々に出力を上げる中で患部に違和感を抱えた。10月には打者相手に投球するプランもあった。肘のリハビリプログラムを終えた上で、膝の手術を受けることもできたが、投球の強度を上げる上での影響を懸念し、このタイミングでの手術に踏み切った。最終的には11日(同12日)のインディアンス戦前に大谷自身が決断した。

投手復帰の目処は…「10週間後くらいにマウンドに戻れることを望んでいる」

 全治8週間から12週間ということで早ければ11月半ば、遅くとも12月半ばには回復する。エプラーGMは「一時的に投球はできなくなりますが、2?3週間で再開できるようになると思います。手術後にもっと分かるようになりますが、2?3週間後から、ゆっくりと進めていき、現時点では全て推定ですが、10週間後くらいにマウンドに戻れることを望んでいます」と見通しを語っており、12月にはマウンドでの投球練習を再開できる見込みだ。

 昨オフに受けたトミー・ジョン手術の影響で今季は打者に専念してきた大谷。2020年を目指してきた“二刀流”の復活に影響はないのか。同GMはこの点についても「12月初旬までに投球プログラムを完了し、休む期間を与え、2020年に入ることを考えている」と明かしており影響はないよう。スプリングトレーニングには万全の状態で臨めそうだ。

 バッティング面に関しては「その期間(術後8週間から12週間)後にすぐに許可が出ると思いますが、その頃はトミー・ジョン手術のリハビリに注力しています」とエプラーGM。術後は投球面のリハビリを最優先に取り組むプランにしており「(打撃再開は)12月か1月の予定です」と語っている。

 ファンにとっては寝耳に水のタイミングで大谷の2019年シーズンは終わることになってしまったが、それも“二刀流”復活を目指す2020年を見据えた上での決断。万全の状態で、マウンドで、そしてバッターボックスで暴れまわる大谷の姿に期待したい。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)