初白星獲得を懸けて挑んだ相手は昨年1ー8で大敗した中大。借りを返したい明大はダブルスで1-2と負け越すも、合戸廉太朗主将(法4=大分舞鶴)がダブルスに続きシングルスでも勝ち星を挙げる大活躍で3-3と巻き返しに成功。しかし反撃はここまで。残りのシングルスを全てストレートで落とし、結果3-6で敗北。今年も入替戦出場を回避することは叶わなかった。

【D2田中・藤永組VS小峰・杉山組】

 接戦をつかみ取ることができなかった。第1セットは立ち上がりこそ0-2となり苦しむも、「リターンが上手くいった」(藤永啓人・営2=海星高校)。力強いストロークを冷静にはじき返し、6-3でこのセットを奪取。「このままいけると思った」(田中瑛士・商2=東京学館新潟)。しかし相手はインカレ・ベスト8の強敵。第2セットは主導権を握れず、3-6で落とす。勝負の第3セットでは打って変わって拮抗(きっこう)した展開となり、5-5まで詰め寄るも「気持ちの弱さが出てしまった」(田中)。ラインぎりぎりのボールに食らい付けず2ゲームを連取され、5-7で惜しくも敗北。悔いの残る結果となった。

(藤永は難しいボールにも食らい付いた)

【S5合戸VS小峰】

 「何としてでも2勝してやる」。強い思いを胸にダブルスで1勝を挙げ、挑んだシングルス。幼いころから幾度も対戦してきた同じ九州出身の選手が相手だった。2人が最後にぶつかったのは高校の頃。その時は負けを喫しており「戦いやすい印象はなかった」。それでも第1セットは相手に一切リードを許さず、6-2で取り切った。続く第2セットでは第1ゲームを落とすも、「気持ちで走り切った」。今試合2戦目で疲労があったものの、ラリー戦では相手のミスを誘う粘り強さを見せこのセットも勝負あり。6-2で勝ち切り、4年越しのリベンジを果たすことができた。

(吠えた!勝利の瞬間、喜びを爆発させた合戸主将)

 今リーグでいまだ1勝もできていない明大にとって、次戦の法大戦が勝ち星を挙げるラストチャンスとなる。勝っても負けても最下位は確定しているが「入替戦につながる試合をしたい」(合戸主将)。明大の意地を懸けた戦いはまだまだこれからだ。

[久野稜太]

試合後のコメント

合戸主将

――苦しんだ点はありますか。

 「一発がある選手だったので、自分がどれだけ足を動かせるかがカギになったと思います。自分もストレートで終わったとはいえダブルスの後だったので、反応だったり、振られた時の球際のフィジカルだったりってところが苦しい場面もあったかなと思います」

藤永

――試合を終えていかがですか。

 「僕らのダブルスは絶対一本取らなくてはいけない試合だったのですが、負けてしまってチームに申し訳ない気持ちが強いです。でもシングルスが残っているので、シングルスの人に勝ってもらうために切り替えて応援しました」

田中

――次戦への意気込みをお願いします。

 「法大戦は昨年4ー5で負けていて、落とした試合もマッチポイントがある試合があって、そこを落としてあと1ポイントで5ー4になっていたぐらい競りました。しかし今年は法大が結構強くて、ダブルスがまだほとんど負けてない、ダブルスの強いチームなので、そこでダブルス頑張って勝てればうちもシングルは結構いい選手が集まっているので。ダブルスで勝ち越して終われるように頑張ります」